fc2ブログ


タイトル画像

大恐慌の時に流行ったビジネスとは?

2011.09.06(21:05) 884

1929年アメリカ発世界大恐慌の時に流行ったビジネスをご存知でしょうか?

その一つは自転車屋さんです。

大恐慌になると移動手段にお金をなるべくかけないようにするためなのか、自転車屋がとても繁盛したそうですよ。

私の近所に自転車屋があるのですが、空気を入れるのに100円が必要になります。機械で3分間、空気を自由に入れられるのですが、1台入れるのに30秒もかからないので、とても勿体無い気がします。

そう思っていましたら、柏駅の近くに新しく自転車屋が出来ていました。コンビニが潰れて自転車屋になっているのです。

そこは機械で空気を入れるのが無料でした。そして、他所で買った自転車も修理してくれるようです。

昔の自転車屋はこんな感じでしたよね。

修理を親切にやってくれたり、空気を入れてくれたりして、新しい自転車を買ってもらうのを待つビジネスでしたね。

またそうしたビジネスが出てきたような気がします。


何度もブログで書いていますように、中国の崩壊(いくつかに分裂?)もそう遠くないでしょうから、大恐慌の時に流行ったビジネスは参考になると思いますね。
関連記事

世界を変える若き企業家たちへ



<<来年以降の新ビジネスのキーワードとは | ホームへ | 民主党支持率が上がるなんて、国民は懲りてないのでしょうか?>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/884-ab689a00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)