fc2ブログ


タイトル画像

[近未来予測] アメリカの時代が終わるとき。 その2

2011.08.22(17:44) 875

前回のブログでは、アメリカがそのスーパーパワーによって世界のバランスを取っていたのが終わろうとしていことをお話ししました。

アメリカが凋落していく時間は、10年以上はかかると思いますが、既に始まっていると考えた方が良いでしょう。

その間、世界は今以上に大混乱するはずです。

第一に、アメリカの力が衰えると、戦争が起きる可能性が高くなります。最初は地域紛争レベルでしょうが、徐々に大国同士の戦いが起こることも考えられます。

ここ10年以内に日本が戦争に巻き込まれることは覚悟しておいたほうがいいかもしれません。


第二に、基軸通貨であるドルが信用を失うために、他の通貨が基軸通貨になります。それが円なのか、元なのか、ユーロなのか、ポンドなのか、それとも全く違う他の通貨なのか、まだ分かりません。

円が基軸通貨になるには、軍隊の整備しなければ無理でしょう。軍事力の後ろ盾のない国は、安心できませんから、どこまでの軍事力を日本が持つかが、基軸通貨になるための鍵を握っています。

私は中国は崩壊に向かっていると見ていますから、元が基軸通貨になる可能性は低いと見ています。
 

ドルの信用がなくなると、アメリカ国債が紙くずになるでしょう。日本は800兆円ほど保有しているようですが、それが全部パーになってしまいます。中国は日本以上に米国債を持っているので、日本以上に打撃を受けるでしょう。

ただ、米国債が紙くずになったからといって、日本が崩壊することはないと思っています。

その理由は別の機会に述べるとして、肝心なことは、経営者の皆様は、これからの10年、20年に「とてつもない外部環境の変化」を経験する可能性が高いということです。

円高も、もっと進みます。日本が戦争に巻き込まれることもあるでしょう。どこかの島に大量の難民が流れてくるかもしれません。

不可抗力の事由で経営どころではなくなることもあるでしょう。

何が起きてもタフに生きていくことが求められる時代だと思います。
関連記事

古賀光昭のビジネス相談



<<ヒーロー声優の気配り(野沢さん、古谷さん、小山さん) | ホームへ | [近未来予測] アメリカの時代が終わるとき。 その1>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/875-18143a38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)