fc2ブログ


タイトル画像

名言集、松下幸之助『社長になる人に知っておいてほしいこと』

2011.07.28(18:34) 856

今回の名言集は、松下幸之助さんの『社長になる人に知っておいてほしいこと』(PHP研究所)からの引用です。

社長になる人に知っておいてほしいこと社長になる人に知っておいてほしいこと
(2009/08/29)
松下 幸之助

商品詳細を見る



経営者の方なら大なり小なり苦境というのを経験されていると思います。

松下幸之助さんにも、全財産を失うという苦境が戦後に襲ってきました。

そんな時、松下さんはどのように考えたのか。

「窮状に陥っても悲観しないことです。戦争で自分は財産が一瞬にしてなくなったことがありました。
しかも莫大な個人負債ができたんです。」


「普通は首でも吊ってしまわなければならないほどの困難な状態ですわ。
けれども首を吊らなかったということは、もっと不幸な人のあることを知って、ぼくは恵まれている、こんなに恵まれている自分は幸せや、こういうことを考えたと思うんです。

それで悲観せずに働いたことがやはり成功したんやと思いますな。」


私は、松下さんがしたことは、「ほんのちょっと違った考え方をした」のだと思うんですね。松下さんのように財産を失って、借金まで背負ったら絶望して自殺する人はいると思うんです。しかし、松下さんは死ななかった。

松下さんは戦争で亡くなった人に比べたら、「自分は生きている、ありがたい」と考えたんですね。

人間が死を選んでしまうのは、現在の状況に絶望してしまって、何も考えることができなくなった時だと思います。

どんなに辛い局面でも、絶望だけはせずに、ほんのちょっと“別の考え方”をするだけで、道が開ける可能性があるということですね。

【メールを下さったK様へ】

昨夜メールにてお礼のメッセージをくださったK様、こんにちは、古賀光明(コガミツアキ)です。
返信をしたのですが、届かなかったようですので、この場を借りてお礼申し上げます。

K様は、2年間悩んでおられた嫉妬の悩みを、私のブログを読んで実践し、克服されたということで、お礼のメールを送ってくださいました。

今までのパターンでは、読者の方から連絡をいただき、直接アドバイスをして解決するものでしたが、K様のようにブログを参考にして悩みを解決しましたという連絡をいただいたのは初めてでしたので、とても有難かったです。

こういったメッセージを頂戴しますと、「ブログをコツコツ書いてきて、それが人のお役に立てたのなら、本当に良かったなぁ」としみじみ思っております。K様、本当にありがとうございました。感謝申し上げます。
関連記事

古賀光昭のビジネス相談



<<元阪神、伊良部秀輝投手の訃報に思う | ホームへ | 名言集、マーフィーの『あなたはこうして成功する』>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/856-40094e42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)