fc2ブログ


タイトル画像

ヒーロー考 「仮面ライダーの巻」 

2009.08.01(00:23) 82

今日から8月ですね。私事で恐縮なんですが、7月1日に設立した株式会社ビクトリーも1カ月が経ちました。あっという間の一カ月でした。

さて、8月と言えば、衆議院選挙。

しかし、その前に、もう一つ戦いがあります。仮面ライダーの戦いです(映画です(笑))。

タイトルは、「仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー」。
なんと、平成ライダーと昭和ライダーが勢ぞろいするという、バンダイがおもちゃを全部売ってしまいたい大企画! いえいえ失礼、大人と子供に夢を与える大企画でした。


最初の仮面ライダーは、私が小学校の頃見ていたのですが、自分の子供が仮面ライダーブラックRXが好きで、親子2代仮面ライダー好きの家系です。

それだけ息が長いし、よくぞまぁ、これだけのキャラクターを作り、バンダイもおもちゃを作ってきたと感心します(ある意味、「ゴルゴ13」なんか、主人公1人で仮面ライダー以上に長くやっているってのも、すごいです、異常です!)。


ところで、昔のヒーローものは単純でした。正義と悪とがはっきり分かれていて、ヒーローは、色々な困難に会いますけど、最後は特訓をして相手を倒す!

ま、最終回は別にして、通常のお話は、そんな流れでした。

でも今のライダーになると、主人公が誰なのか、何が悪なのか、ストーリーもよくわからず、一体何がなんだか、よくわからないものが見受けられます。

今の世相を反映した作りになっているような気がします(これはこれで面白いんですけどね)。

今どき、昔の仮面ライダーみたいに、特訓してショッカーを倒すというのは古いのかもしれません。

ただ、やはり努力することの大切さや(特訓?)、悪とはなんぞやをきちんと教えてあげることは、ヒーローものの大切な使命かなって思います。私もヒーローに憧れて、正義感を持った面も多いですし。


仮面ライダーV3の風見志郎を演じていた宮内洋さんが、「ヒーロー番組は教育番組である。私や他のスタッフはみな一生懸命、情熱をもって真剣に作品を作っていた」というような意味のことを、昨年テレビで言われていたのが印象に残っています。

古いかたちのヒーローの登場を期待します!(^^)/  とぉー!
関連記事

古賀光昭のビジネス相談



<<求職者の方へ、応募書類の中身のポイント | ホームへ | あっと驚く、選挙のからくり>>
コメント
コメントありがとうございます。
私は最初の1号の話が怖くて、2号が「お見せしよう、仮面ライダー!」と言って登場したあたりから見るようになりました。
今の作品のディケイドは、色々なライダーが見れて、楽しみなところがありますね。
【2009/08/02 12:06】 | 孔明 #ltEMck66 | [edit]
おはようございます!
私は1号をリアルで観た世代です。
佛田特撮監督は、おそらく大人の鑑賞にも耐えうる作品をと
考えていらっしゃるかもしれませんね。
人間ドラマを描いた平成ライダーはそれなりに面白いと思いますが
子供には難解かもしれません。やはり正義と悪の区別をハッキリ描く
回があってもよいと思います。
【2009/08/01 02:51】 | ビジョンアテンダント #qbIq4rIg | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/82-70da58a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)