FC2ブログ


タイトル画像

上手に負ける?!

2009.05.28(11:05) 8

今日のテーマは上手に負けるです。
変なテーマですが、私はこれができるようにったのは40才のまんなかあたりです。

職場の人間関係では、上司と部下、部署間など、種々の関係がありますよね。
そしてその中で、人と人が様々な局面で意見を闘わせたり、交渉をしたりしています。

そこで失敗する人のパターンは、相手を必ずとことん負かせないと気がすまない人でしたね。
交渉していても、ついつい喧嘩ごしになっています。
こうした人は交渉に勝つと相手に恨まれ、逆に交渉に負けると相手に恨みをもたれます。
そして、段々職場にいられなくなり退職していかざるをえなくなるケースを多々見てきました。

こうした人は頭が良くて、優秀な人に多かったと思います。ある意味もったいないですね。

そこで出てくるのが、上手に負けてあげることなんです。

これは相手に、こちらがわざと負けていることに気づかれないよう、相手の意見を通してあげるという方法です。相手がこちらの意見を理解する認識力が足りない、自分(相手)以外の意見を組み入れる器がないという場合ですね。

ただしこれには条件があります。
相手の意見を取り入れても大勢に影響がないときや、会社に大きくマイナスインパクトを与えないときに限ってください。

また、相手の意見でことを進めると失敗することが予想されますので、その失敗をリカバーすることも事前に考えておく必要もあります。

上司であれ、部下であれ、同僚であれ、失敗から学ぶこともあります。
そこまでを考えて、負けてあげるのです。


非常に高等なテクニックですが、相手の認識力の大きさを見抜き、その意見を採用したときの影響を予測し、そこから得られる相手の学びを総合的に判断して臨機応変に使われたらよろしいかと思います。





関連記事

古賀光昭のビジネス教室



<<これから有望なビジネスとは? | ホームへ | ビジョンを描く方法 ― 大きく考える>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/8-bf0de825
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)