fc2ブログ


タイトル画像

一部上場企業の就職コネを蹴っとばしてしまった失敗談

2011.03.02(23:20) 714

もう20年以上も前のことです。私は大学院を修了して就職浪人している時がありました。

それを見かねた父が一部上場企業の就職先を紹介してくれました。

いわゆる“コネ”というものですね。

当時、次期社長と言われる取締役の方と父が懇意だったので就職ができるとの話しでした。


ところが私は生来の“あまのじゃく”でしたから、コネで会社に入ることが嫌でしたし、大企業の歯車になることも嫌でした。

それゆえ、面接で「全然やる気ありません」みたいなことを言ってしまって、見事不合格になった経験があります。


その企業に就職できなかったことは全く後悔していないんですけど、父を失望させてしまって本当に悪い事をしたと思っています。

また、父が就職をお願いした取締役の方(数年後にその一部上場企業で社長になられました)の顔をつぶしてしまって、本当に失礼な事をしてしまったと反省をしています。


父も、その取締役の方も、その時は「俺たちの面子(めんつ)が丸つぶれだ」と思っておられたでしょうね。


私も世間知らずの未熟者でした。申し訳ありません。

そこで働く気がないのなら、面接に行く前に断るべきだったと思います。


さて、今の時代なら、このようなコネの就職はなかなか無いでしょうね。

でも、もし皆さんの中でコネや紹介で就職できるチャンスがありましたら大事にしてください。

就職を紹介してくれるということは、有難いお話しだと思います。



それからこれは若い方への処世術ですが、私がこの時にやったような年配者の面子をつぶすようなことはできるだけしない方がいいですね。

若い時だと面子と言われてもピンとこないかもしれませんけど、社会的に地位のある男性ほど面子にこだわる傾向はあると思うので、上手に断ることを勉強するのも大切ですね。


いや~、ほんと、私は無茶苦茶なキャラでした。。。。(反省・・・・)

関連記事

古賀光昭のビジネス相談



<<ついつい無謀な挑戦をしてしまう人生だけど | ホームへ | ネガティブな刷り込みなんて、ぶっとばせ!>>
コメント
そうなんですよ、苦い思い出です。

ま、今だからやっと話せるくらいですね。

もっと立派になって、亡き父に恩返しがしたいと思っています。
【2011/03/03 22:09】 | 孔明 #xnz7s2KM | [edit]
こんばんは!

孔明さんにも
そのような時期が
あったんですね~。

なかなか、苦い思い出なのでしょうね。

お父様はすでにお亡くなりと
以前伺っていますので
もはや気持ちの伝えようもないですが
心遣いはどこかでご生前に
伝わっていると思います~。

微笑ましいエピソード楽しかったです。
【2011/03/03 20:53】 | プロ #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/714-01fbd25f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)