fc2ブログ


タイトル画像

サッカー日本代表 川島永嗣選手を信頼したザッケローニ監督

2011.01.26(13:13) 687

サッカーアジアカップで、日本韓国をPK戦の末、破りました。最近のサッカー日本代表は、本当に強くなったと思います。

私が注目したのは、ゴールキーパー(GK)の川島永嗣さんを起用したザッケローニ監督の采配です。

川島永嗣さんは、アジアカップのこれまでの戦いではミスがあったり、出場停止があったりと、精彩を欠いていました。


準決勝の韓国戦では、GKを交代させるのかと思いきや、ザッケローニ監督は川島永嗣選手を起用。

その彼が、韓国のPKを止めたのですから、選手の起用って、本当にポイントだなと思いましたね。

ザッケローニ監督は、川島選手に「信頼しているから、落ち着いてプレーするように」と試合前に伝えていたそうです。


「選手を信頼した」と言ってしまうと、簡単なようですけど、信頼に応えた川島選手は偉かったと思いますね。

PKを川島選手が止められていなかったら、ザッケローニ監督の采配ミスと言われたかもしれません。



これに関して思いだすのが、北京オリンピックの野球です。この時、星野仙一監督は選手を信頼していたと思うんですね。

しかし、結果はメダルすら取ることができませんでした。

いくら監督が選手を信頼していても、選手が結果を出さないと「選択ミス」「指揮官として失格」となってしまうのが勝負の世界ですよね。



ビジネスの世界も同じですよね。

経営トップあるいは上司(監督)と部下(選手)の信頼があっても、きちんと結果を出さないと、信頼したこと自体が批判されることになります。

なかなか簡単ではないですが、信頼することと、信頼にしっかりと応えることの大切さをサッカー日本代表から学びましたね。

関連記事

古賀光昭のビジネス相談



<<香川真司選手のケガは、運をためる時だということ | ホームへ | 会社でマンネリを感じ始めたら>>
コメント
プロさん、こちらこそ、お久しぶりです。
コメントありがとうございます。

ザッケローニ監督は選手のいいところを引き出すのが
うまいようですね。

プロさんがプレーヤーとして、大活躍されることを
陰ながら応援しております。

【2011/01/28 18:49】 | 孔明 #xnz7s2KM | [edit]
お久しぶりです。

確かにおっしゃる通りですね!

一大決戦には、
実力以上に何かがありますよね。

ザッケローニ監督と
星野仙一監督の差は
おっしゃられる通りだと
思う限りでした。

私も信頼に応える
プレーヤーになりたいものです。
【2011/01/28 16:45】 | プロ #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/687-2dd6c816
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)