fc2ブログ


タイトル画像

「坂の上の雲」 本木雅弘さんと香川照之さんが交わした感動的な言葉

2010.11.18(23:53) 643

NHK『坂の上の雲』が先日再放送していました。その第5話『留学生』で本木雅弘さんの秋山真之と香川照之さん演じる正岡子規が会話するシーンが感動的でした。

病床で、死を覚悟している正岡子規が日本の素晴らしさを、秋山真之に語る場面です。


秋山真之 「そういう国(日本)を滅ぼしたぁならん」

正岡子規 「そうじゃ。国が滅びるいうことは、文化が滅びるいうことじゃ。

あっしはあと、どれくらい生きられるか分からん。

じゃが、あっしがそれをやり遂げる前に無駄にならんようにしておくれ。」

真之 「よし。引き受けた。」


日本には素晴らしい歌、絵画、建築などの文化伝統芸術があり、それらを今でも生み出し続けている人々が暮らしています。

そして、私達には住む町があり、ふるさとがあります。愛する家族、友人、恋人がいます。


他国からの侵略によって、国を滅ぼすことは絶対避けなければなりません。

それだけではなく、自国の愚かな政治家によって、滅ぶような国にしてもいけないと思います。

関連記事

古賀光昭のビジネス相談



<<民主党、柳田法相の失言に学ぶべきこと | ホームへ | 男性はプライドの生き物です>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/643-11e81104
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)