fc2ブログ


タイトル画像

スティーブ・マックィーン生誕80年、没後30年

2010.11.12(15:31) 637

NHKのBSハイビジョンで、スティーブ・マックィーン生誕80年、没後30年として特集を放送していました。

私は『大脱走』と『タワーリング・インフェルノ』を見ました。

いやー、スティーブ・マックィーンは、かっこいいですね。

アクションの動き、さりげない所作が、とにかくカッコ良かったです。


中学生だったか、もう忘れましたが、『大脱走』を初めてテレビで見た時には、
スティーブ・マックィーンがバイクでドイツ軍から逃げるシーンだけが面白かったんですけど、
今見ると、全体的に楽しめる作品だと思いました。


私も若い頃は、『大脱走』をアクション映画のように捉えていたので、
マックィーンがアクションするシーン以外は、つまらないと思っていたんですけど、
自分が落ち着いた年齢になると、色々な駆け引きを面白く感じました。


また、『タワーリング・インフェルノ』は確か当時映画館に見に行った映画だったと思います。

ポール・ニューマンもいいんですけど、マックィーンのカッコよさが飛びぬけていた映画でしたね。

今見ますと、CGを使わず、よくあんな映画ができたなと感心します。


スティーブ・マックィーンのような素晴らしい俳優に出会えた映画に感謝です。

関連記事

古賀光昭のビジネス相談



<<尖閣中国船事件で、私達が「知るべきことは何か」 | ホームへ | 私達の人生を豊かなものにした意図とは>>
コメント
プロさんは、ほんとうに映画にお詳しいですね。

タワーリング・インフェルノも面白いですから、
よろしければまた見てください。

【2010/11/13 12:05】 | 孔明 #ltEMck66 | [edit]
はじめて知りました。
生まれた日と、無くなった日が
同じだったのですね…。

私は『大脱走』の方しか
知りません。

『大脱走』は
もう少しでスイス国境でしたよね…。
鉄条網が一従なら突破してましたが
残念でした。

あの映画では
脱出したうちボートで港まで
進む二人がとても
優雅な逃げ方でしたね。

それと、ジェームズ・ガーナーの
逃げるのも失敗でしたが
あの最期は悲しい…。

何だかマーチが聴きたくなりました。
【2010/11/12 22:22】 | プロ #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/637-39fb95c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)