fc2ブログ


タイトル画像

千葉ロッテマリーンズの日本一の原動力とは何か

2010.11.08(18:14) 634

千葉ロッテマリーンズが日本一になりました。クライマックスシリーズ3位からの下剋上ですか、強いですね。

千葉ロッテの野球は、良く言われるように、まさに「繋ぎの野球」でしたね。

阪神タイガースでいうと、マートン選手が何人かいるような打線に感じました。


そして、セ・リーグ優勝の中日ドラゴンズとは、だいぶ力の差があるように思いました。

交流戦の結果どおり、パ・リーグの方がかなり力が上のようですね。


パ・リーグは全体に投手がいいと言われますけど、千葉ロッテは投手陣が中日よりいいですね。

特に、中継ぎ投手にいい投手がいると感じました。

阪神タイガースの中継ぎと比べると、かなり力のある中継ぎ陣だと思います。


それとこうした短期決戦では、大将である監督の力がものを言います。

短期決戦では、ちょっとした采配ミスで流れが変わってしまい、その悪い流れを元のいい流れに戻すのが難しいので、いい監督でないと短期決戦には、なかなか勝てません。

それゆえ、西村監督は、監督としてもかなり能力が高いのだと推測できます。


名監督と、中日以上の投手陣、マートンのような打線が、千葉ロッテマリーンズ日本一の原動力でしょうね。

関連記事

古賀光昭のビジネス相談



<<女子バレー28年ぶりの4強  芸術的な動きをするスポーツです | ホームへ | 「龍馬伝」 福山雅治さんと真木よう子さんの最後の別れとなる休日>>
コメント
クライマックスシリーズは、シーズン終盤の消化試合を無くしたところにプラス面があると思いますね。

優勝争いしていないチームの試合は、ほんと、どっちらけ試合でしたから。

その点では良かったなと思っています。

問題は日本シリーズやシーズンの重みが無くなったということになるんだと思うんですけど、

今のプロ野球は、逆指名(今はないですが)やFAを導入して、どう見ても公平な競争で試合をしているとは思えないんですね。

ですからどうしても戦力的には優勝はできないけれども、クライマックスシリーズなら出場できるチャンスがあるチームがあると思うんです。

そして、クライマックスを勝ちあがるにもかなりの力は要ると思うので、
私はこれはこれでいいかなと思っていますね。

結論としては、今の制度の方が面白いと思う派ですね。
【2010/11/09 23:13】 | 孔明 #ltEMck66 | [edit]
私は高校卒業してから
プロ野球は観なくなりました。

嫌いなわけではなく
時間の都合ですが…苦笑

孔明さんのブログで
昔、クライマックスシリーズが
導入された頃に野村元監督が

「今年からは
 クライマックスシリーズが
 あるから、リーグ戦で一番の
 実力はないが三位にまで何とか
 潜り込めば、短期決戦で
 日本一になれる可能性が
 あるのでね…」

と、とあるテレビで言ってるのを
思い出しました。

あの方、野球の監督として
珍しく『枠』をギリギリまで
使うことが上手いですよね!

さて、質問なのですが
孔明さんは野球がお好きで
よく見ておられるようなので
聞いてみたいのです。

私はジムで少し年輩の方々が

「クライマックスシリーズで
 野球は面白く無くなったな!」

と会話しているのを良く聞きます。
やっぱりそう言うものなんですか?

私は

「へぇ、やっぱりそんなものなのかな!」

と思って聞いているだけなのですが…微笑
【2010/11/09 19:24】 | プロ #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/634-0a277154
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)