fc2ブログ


タイトル画像

都議選の勝敗について思う

2009.07.13(12:38) 62

7月12日に都議選が行われました。私は都民ではないですが、関心を持って投票結果を見ていました。結果的には、躍進した党、惨敗した党、色々悲喜こもごもだったと思います。

私は選挙結果を見ていて、『項羽と劉邦』のお話を思い出しました。『項羽と劉邦』は、始皇帝の死後、漢の高祖劉邦と項羽が天下を競い合い、韓信、張良、䔥何(しょうか)といった武将を揃えた劉邦が最後には勝って天下を取るというお話です。

劉邦は、項羽との個々の戦いでは、ことごとく敗れていました。おそらく100回闘っても、1回勝てるかどうかわからないくらい力の差はあったでしょう。

ただ最後の最後、垓下の戦いで項羽は劉邦に滅ぼされてしまうんですね。

当時の項羽と劉邦の個々の戦いだけを見ていたら、劉邦が天下を取れるとは誰も思えなかったでしょうね。

しかし、項羽には天地人(てんちじん、「天の時、地の利、人の和」)が無かった。范増(はんぞう)という名軍師一人を使いこなす器量がありませんでした。

一方、劉邦は韓信、張良、䔥何らの武将を使いこなす器量がありましたし、何よりも天下を取る「定め」、「強運」があったのだと思います。「天地人」を劉邦は持つことができたのでしょうね。


さて、都議選に話を戻しますと、政権交代だとかいろいろなことが言われていますが、首都の選挙ではありますけど、都議ということであくまで局所戦の一つの結果にすぎないわけです。

勢力を伸ばした政党に天地人が全てそなわっているとも思えないので(自民党も同じですけど)、長い目で見て、私は都議選の延長上に今後の政界が再編されるとは思えないですね。


天は必ず見ているので、天の加護のあるところが最終的には劉邦のように勝つのではないかと推測しています。
関連記事

古賀光昭のビジネス相談



<<「知は力なり」 知的戦力化計画1 | ホームへ | FC2トラックバックテーマ  第773回「愛ってなんだ?」>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/62-ae6713f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)