FC2ブログ


タイトル画像

営業マンの知らない、営業電話の意外な話

2009.05.25(16:32) 6

以前働いていた会社の取締役管理部長宛にしつこく営業電話がかかって来ていました。いつも居留守を使って断っていました。

ところがある日、管理部長がたまたま取った受話器に、その営業電話が繋がってしまいました。
管理部長は電話で適当に断っていたのですが、しつこく食い下がるので、とうとう「いい加減にしろ!」と怒鳴って受話器を切ったんですね。
周りの者も、その大声にびっくりでした。

しかし、受話器を切った後に、管理部長の口から意外な言葉があったんです!
なんと言ったと思います?

「あれだけ怒鳴って叱ったから、もう電話をかけてこないと思うけど、それでも、もう一度かけてきたら、会ってきちんと話を聞いてやる」

へぇーって思いましたね。
人というのは、もうだめだろうと思った人が、もう一度踏ん張ったら、評価をするものだと気づかされました。

私も営業をやったことがありますが、営業の仕事で毎日大変な方も多いですよね。
でも、もう一度連絡をしてきたら会ってやる って思っている人はいると思いますよ。


さぁ、もう一件! がんばりますか!

関連記事

古賀光昭のビジネス教室



<<ビジョンを描く方法 ― 大きく考える | ホームへ | 人相を見る!>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/6-e79ca7aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)