fc2ブログ


タイトル画像

今後の政策のキーワードは「インフレターゲット」ではないか

2010.09.09(00:01) 581

日本がデフレ経済になって10年以上経っていると思います。私が尊敬する国際エコノミストの長谷川慶太郎さんは「デフレ=不景気は大間違い」と10年以上前から言っていました。

ただ、実際にインフレの時代とデフレの時代の両方を経験している私が肌で感じる感覚は、「デフレはアカン」と
いうものです。

長谷川慶太郎さんはデフレの例えに、「買い手に天国、売り手に地獄」と言っています。

デフレでは、すべての商品とサービスは供給過剰になり、売り手は厳しい競争と、買い控えに耐えぬかなければなりません。片や最終の買い手である消費者は商品やサービスが年々安くなり天国だということです。

でも私がよく購入する本やCDは、かえって高くなっています。

また、デフレだというのに社会保険料は毎年値上がりしていますし、教育関係費は決して安くなっているとは思えません。


それに買い手と売り手を国内だけでみたら、消費者としては「買い手」の人も、仕事では「売り手」ということが多いでしょう。

つまり、仕事の上では地獄(サービスや商品の売り手)ということもあると思うので、家やプライベートでは消費者になって天国(買い手)といっても、きついと思うんですね。


経済は理論だけではなく、人々の実感も大事だと思うんです。

生きている人間の感覚として、私はインフレがいいと感じますね。

そのうち政府の政策で「インフレターゲット」ということが議論されないかなと期待しています。

関連記事

古賀光昭のビジネス相談



<<阪神-中日戦に感動  西村投手が外野の守備に | ホームへ | 仮面ライダーWの最終回は良かったですね>>
コメント
プロさんも以前から思っておられたのですか?素晴らしいですね。

プロさんがおっしゃるとおり、実行は難しいと思いますし、政治家がそこまで
政策を練るかというのも難しいと思います。

でも、デフレはやっぱりだめだと思うんですね。

インフレに持っていくしか、ないと思うんですけどね。

【2010/09/09 17:27】 | 孔明 #ltEMck66 | [edit]
私も以前そう思っていましたが、
現状インフレターゲットを狙って成功した国の
状況を知りません…。

ココは同政策をFRBが狙っているみたいなので、
米国に先行してもらい、先進国としての
模範として先便をつけてもらうのが
『吉』かなと考えております。

でも、冗談抜きで実行には本当に
軟着陸が難しいでしょうね~(笑)
【2010/09/09 14:59】 | プロ #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/581-94938c03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)