fc2ブログ


タイトル画像

「龍馬伝」 「寺田屋騒動」瀕死の福山雅治さんは桑畑三十郎

2010.09.05(21:28) 578

今日の「龍馬伝」は、「寺田屋騒動」ですね。寺田屋というと、お龍さんが素っ裸で坂本龍馬に危機を知らせるっていうのが有名なシーンなんですけど、「龍馬伝」のお龍さん、真木よう子さんはさすがに服を着て福山雅治さんに危機を知らせに行っていました。

このシーンは、裸で2階にあがったお龍さんや、剣豪なのに刀を抜かない坂本龍馬というのが面白い見どころなんですけど、格闘シーンや重傷になって逃げるところは、黒澤明監督の「用心棒」の桑畑三十郎のような感じになっていました。

また、材木置場の屋根の上で福山雅治さんが仰向けになって「ごめんちゃー、父上。ごめんちゃー、母上。」というところは、最初は感動してたんですけど、なんか撮り方が段々「太陽にほえろ!」のマカロニ、ジーパンの殉職シーンみたいに見えてきて、「あれ?」って思いました。

なんか、昔懐かしのシーンみたいなのを入れているところは、良い意味ではなく「20世紀少年」を思い出しますね。

そういえば、今までの「龍馬伝」は、歴史を扱っているのに「20世紀少年」のようにリアルさを感じないドラマでした。

しかし、命を狙われて、福山雅治さんが瀕死の重傷を負うところは、命がけの志士の姿が描かれていて、今までにない良さがあったとは思いました。

本当に命をかけて、国を変えようとした坂本龍馬や、その他の志士の方々の凄さを考えると、もっともっと頑張らなければと思います。

関連記事

世界を変える若き企業家たちへ



<<財布でお金の流れを変える | ホームへ | なぜ中日ドラゴンズは、ナゴヤドームで強いのか>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/578-62c0ef92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)