fc2ブログ


タイトル画像

「ゲゲゲの女房」で学んだスランプ対処法

2010.09.02(22:56) 574

今日のブログは2作目です。本日9月2日放送の「ゲゲゲの女房」で、スランプに対するいいアドバイスがありましたので、ご紹介したいと思います。

村井茂こと水木しげる(向井理さん)がスランプになり、漫画が全然売れない状況になっていました。そこに昔の仲間である戌井慎二(いぬいしんじ。梶原善さんが演じています。古いですが、「王様のレストラン」のパティシエのムッシュ稲毛です。)が訪ねてきます。

戌井は、村井茂に「貸本屋時代の本をもう一度出したい」と熱意を持って語りかけます。

しかし村井茂は、「水木しげるの名前では本は売れんですよ。今、漫画の注文は来とらんのです。」と元気なく答えます。

戌井は、次のように語ります。

「誰からも、見向きもされなかったときに、こんなすごい漫画を描き続けてきた。

売れない時代に積み重ねてきた努力が、不死身の鬼太郎のような人物を生み出したのです。

本物は消えないですよ。

今、スランプなら苦しんでください。

その先にきっと突破口が開けるはずです。」


そして向井理さんの茂は、昔の貸本時代の自分の作品を見て、何が今の自分に足りないのかを必死に探そうとします。

漫画を通じて、本当の自分の素晴らしさを知ってくれている戌井の言葉は、茂にとって、とても有難いものだったでしょうね。


私事で恐縮ですが、私も1年を超えて、ただひたすらにブログを書き続けていますので、戌井さんのアドバイスは心にしみました。

小さな力なんですが、ほんの少しでも、人々の心の糧になることを書き続けていくことが、今の私にできることの一つだと思っております。

関連記事

世界を変える若き企業家たちへ



<<「意欲を高める方法」は、脳に刺激を与える短時間の作業です | ホームへ | 大和ハウス工業創業者、石橋信夫さんに学ぶ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/574-64676a3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)