FC2ブログ


タイトル画像

福山雅治龍馬のモデルは、「クウガ」のオダギリジョー五代雄介?

2010.08.01(07:16) 538

先週の『龍馬伝』「龍馬の秘策」で、福山雅治さんの坂本龍馬と芸子お元(おもと。蒼井優(あおいゆう)さん)が次のような会話をしていました。

お元「世の中の仕組みば変えるって、どげん意味ですか?」

龍馬「あれかい? あれはのう、わしらはニッポン人みんなが笑うて暮らせる世の中を作りたいがじゃ」



うん?! そのセリフは、まるで“五代雄介”(ごだいゆうすけ)じゃないの?!

「仮面ライダー」がお好きな人なら、ピント来たセリフかもしれません。

五代雄介とは、『仮面ライダークウガ』の主人公です(笑)。

オダギリジョーさんが演じていたんですけど、人々の笑顔を守るためにグロンギという怪人たちと戦っていたヒーローなんですよね。

五代雄介のクセといいますか、決めポーズがサムズアップ(親指を上に立てる)でして、当時さわやかだったオダギリジョーさんがサムズアップと笑顔で人々を励ましているのが印象的でした。


まぁ、その五代雄介がEPISODE2で一条薫(葛山信吾さん)に言う名セリフが
「こんなやつらの為に、これ以上誰かの涙を見たくない! みんなに笑顔で、だから見てください、俺の変身!」です。


うーん、『龍馬伝』の脚本を書いている人は、『仮面ライダークウガ』のファンだったのかもしれませんね。私の中では、福山雅治さんのセリフが、オダギリジョーさんの五代雄介にかぶっちゃいましたね。

もしかしたら、福山雅治さんの坂本龍馬のモデル(設定イメージ)は、オダギリジョーさんの五代雄介なのかもしれません(笑)。


ちなみに、『仮面ライダークウガ』のキャッチコピーは、「A New Hero  A New Legend」でした。

まさに『龍馬伝』の福山雅治さんのような気がしませんか?

関連記事

古賀光昭の経営教室



<<「龍馬伝」 薩長同盟の締結の失敗は、結論が見える人の失敗パターン | ホームへ | 「龍馬伝」高杉晋作はぴったりの伊勢谷さん。西郷は最終回の伏線か>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/538-c0b48271
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)