fc2ブログ


タイトル画像

あさイチで福山雅治さんが言った言葉 「龍馬は感情を表に出す役」

2010.06.22(00:34) 495

先日のNHK「あさイチ プレミアムトーク 福山雅治さん」の中で、福山雅治さんが「『龍馬伝』では、今までの役でなかったような感情を表に思いっきり出す役をやっています」と言っていたことを思い出しました。

福山さんは今までの作品はあまり感情を出さない役柄が多かったそうで、今回の『龍馬伝』の坂本龍馬のように毎回感情を思いっきり出す役は初めてで、最初は少し戸惑ったようですね。

昨日のブログでも書いた「寺田屋の母」の神戸軍艦操練所(海軍塾、勝塾)の閉鎖のシーンでも、師匠である勝麟太郎(勝海舟、武田鉄矢さん)に「待ってつかわさい!」と大声で意見する熱いところがありましたね。

私も最初は福山さんが、あの低い声で淡々と話す役柄ではなく、感情を爆発させる『龍馬伝』の坂本龍馬を演じていることに違和感がありました。

しかし最近は、福山龍馬が普通に見えてくるようになっているので不思議なものです。大河ドラマは約1年間あるので、福山龍馬のイメージが坂本龍馬のイメージとして、あとあと残るのかもしれません。

いい悪いは別にして、これから坂本龍馬を演じる人は『龍馬伝』の福山雅治さんと比べられることになるでしょうね。


ところで、勝塾(神戸海軍操練所)の閉鎖後に、勝海舟は塾生を薩摩藩のお抱えにすることで、彼らを守ることを考えます。

勝海舟という人は幕府に限らず、敵の多い人でした。ただ、たくさんの人を助けることを何度も行っています。

自分が失脚される原因となった謀反人の集まりのような海軍塾生を守ったり、江戸無血開城で江戸の民を救ったり、維新後の幕府の役人の就職や生活の世話をしたり、東洋大学や同志社大学創立の手助けをしたりしています。

勝さんは、不思議な優しさを持った人だったんですね。


武田鉄矢さんには申し訳ないですが、勝海舟のイメージが武田鉄矢さんになるのは“まずい”と思いますが。。。

関連記事

古賀光昭のビジネス相談



<<弱いように見える阪神タイガースが巨人に付いて行っている不思議 | ホームへ | 龍馬伝では海軍塾が閉鎖! 福山雅治龍馬はどう考えたか?!>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/495-1b20b719
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)