fc2ブログ


タイトル画像

特撮ソングとミスチルと仏教思想

2010.05.20(23:18) 451

NHKのBSで『熱中スタジアム』「特撮ソング(後編) 戦隊&メタルヒーローソング」を放送していました。私は、戦隊モノとメタルヒーロー(『宇宙刑事ギャバン』等)は全く見ないのですが、うちの高校生の子供たちが好きで喜んで見ていましたね(笑)。

豪華なゲスト(串田アキラさん, 高取ヒデアキさん, YOFFYさん, 喜屋武ちあきさん, キムラケイサクさんなど)が、戦隊ものやメタルヒーローの歌を唄いますので、お好きな方は21日金曜日にも放送がありますから、お見逃しのないように(笑)。

歌といえば、最近よく聞くのが、ミスチル(Mr.Children)『HOME』に入っている『Another Story』です。

ちなみに、私は歌を詩では聞かずに、メロディーで聞くタイプです。「詩がいい!」ってことはまずなくて、曲の雰囲気や感覚で「いいな」と思う方ですね。 『Another Story』も、実は何の歌なのか知りません。すみません・・・


でも、せっかくですから、ミスチルの 『花 -Memento-Mori-』 の詩を紹介します。

負けないように 枯れないように 笑って咲く花になろう
ふと自分に 迷うときは 風を集めて空に放つよ
ラララ・・・
心の中に永遠(とわ)なる花をさかそう

 By KAZUTOSHI SAKURAI


この詩を読んで思い出すのは、仏教にある「泥中(でいちゅう)の蓮華(れんげ)の花」のたとえです。

蓮(はす)の花は、汚い沼、泥池に美しい花を咲かせています

泥池は、「この世は苦しみの世界である。この世は闘争や破壊、嫉妬、憎しみ、恨みの世界がある。人々は求めても手に入らないものに苦しんでいる。どんなに清く生きていても、不幸が襲ってくることがある。この世というのは、それ自体で永遠に続くような美しい世界ではないのだ」ということを意味しています。

しかし、大切なのは「その中でいかに一輪の花を咲かせるか。いかに清らかな蓮の花のような花を咲かせるか」です。

お釈迦様は「この世の中は、全てを浄化して、きれいにすることはできない。しかし、そのなかにおいても、泥の中から蓮の花が咲くように、あなたがたも一輪の花を咲かせなさい。清らかに生きていこう、すがすがしく生きていこうと決意して生きていきなさい。それがあなた方の環境における悟りなのだよ」とおっしゃったのです。


ブッダの悟りは、いまだに人々の心に光を灯してくださっています。


つらい時代ですが、どんな環境の中にでも、自分なりの一輪の花を咲かそうではありませんか。


関連記事

古賀光昭のビジネス相談



<<未来型リーダーの条件 その1 | ホームへ | 王貞治さんと江夏豊さんの一騎打ち 「江夏からの涙の一撃」のすごさ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/451-5d4e6040
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)