fc2ブログ


タイトル画像

履歴書の写真は、書類選考採否のカギです。その2

2009.06.27(14:14) 44

昨日は、履歴書の写真をきちんとしたものを使うのが、書類選考採否のカギになっていると述べました。

私もたくさんの履歴書の写真を見てきました。中にはひどいのがありまして、紙質のよくない紙に履歴書を印刷していて、写真を撮ったカメラの画素数が低いのか、顔がぼやけてしまっていたものがあります。

応募者からすると、「採用するかどうかは、顔ではなく、やる気だろう!」と思われるでしょう。

しかしながら、私が、ある営業部長に営業候補者の履歴書を見せたときに写真を見て、営業部長は次のようなことを言っていました。

「この人、何か人相が悪いね~。実際の顔はそうでもないんだろうけど、大事な履歴書にこんな写真を貼ってくることからして、営業として失格だな。大事な商談を任せられないね。」

この営業部長が言いたかったことは、自分をアピールする大切な書類に、表情が悪く写っている(実際は、そうでもなくても)写真を使うこと自体が、仕事の詰めができない人だと思われてしまうということです。

特に営業では、お客様がどう感じるかを、感じ取る感性が求められます。
それができない人は、営業として採用されないことになるわけです。


このように、採用する側は現実として見ているわけですが、応募する側とすれば、それに対応すればいいだけです。心配はいりません。

昨日書いたように、少し微笑んで、目に光や力を入れて写るように意識すればいいのです。

写真に写る前に、楽しいことや、嬉しかったことを思い出して、楽しい気持ちで写真に臨むのもいいですよ。そうすると、楽しい気持ちが表情に出て、いい顔になります。

また、やる気に満ちた気持ちを思い出して、写るのもいいですね。

できれば写りに行く前に、家の鏡の前で練習しましょう。
ニコッと笑って、「今日はこの顔で写るぞ」と。

大丈夫です。失敗したら、撮り直せばいいだけです。
ダメなら、もう一度トライする。それでOKです。

関連記事

古賀光昭のビジネス相談



<<モチベーションアップは音楽で。  今日はABBAです | ホームへ | 履歴書の写真は、書類選考採否のカギです>>
コメント
職務経歴書の書き方様、こんにちは。いつもありがとうございます。

コメントありがとうございました。

またいらしてください。よろしくお願いします。
【2012/04/05 20:03】 | 古賀光明 #- | [edit]
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
【2012/04/05 19:46】 | 職務経歴書の書き方 #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/44-e9568f5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)