fc2ブログ


タイトル画像

『ビートたけしのTVタックル』に麻生太郎前総理が出演

2010.04.21(00:01) 407

4月19日の『ビートたけしのTVタックル』麻生太郎前総理大臣が出演していました。野党になっていて気が楽になっているせいか、笑顔が多くて元気そうでしたね。

麻生太郎さんが総理の時は「苦虫を噛み潰した」ような顔をよく見ましたが、TVを見た感想は、随分明るく面白い方だという印象です。

『ビートたけしのTVタックル』でもやっていましたけど、まー、今の鳩山政権に比べたら麻生政権は、はるかにマシだったと思いますね。

経済状況が少し持ち直ししてきているのは、麻生政権時代の経済対策の効果が表れてきているのだと思います。

ひとつは高速道路の土日休日1000円乗り放題です。これを鳩山政権では、2,000円に値上げしようとしています。確かマニフェストでは「高速道路無料化」をうたっていたと思うんですが。

また、エコカー減税やエコポイントも麻生政権の政策です。これに対しては民主党は反対していたのですが、効果があったので継続して使用しています。

民主党はガソリン料金に関係する暫定税率も廃止すると言っていましたが、廃止していません。ガソリン代は高いままです。マニフェストを守ったところはあるんでしょうか?

さらに忘れてはいけないのは、サブプライムローンによる金融危機を終わらせたのは、麻生総理と言っても過言ではないことです。IMF(国際通貨基金)に約10兆円の融資を表明して、金融危機を終わらせています。

現在、トヨタバッシングが行われていますが、鳩山政権がアメリカに対して何の抗議もしていないのとは好対照です。

以前日経新聞に書いてあったのは、アメリカによってトヨタがバッシングされているのに、日本政府がアメリカの大統領に何も連絡をしないのが心配であると。昔の自民党政権なら、アメリカの大統領に連絡を入れて、「やめてくれるようにお願いをした」というのです。ところが、今の民主党政権は何のアクションも取らないので、日本企業はこれから大丈夫だろうかとの記事でした。

鳩山総理や小沢幹事長、北教祖の「政治とカネ」のことについても、党内や連立与党から「おかしい」との声や「辞任せよ」との声があがらないところも恐ろしいですけど、政策も無茶苦茶ですよね。

まぁ、「ひどいなー」と思っていた自民党も、民主党に比べたら、「比べられないくらいマシだった」というのが民主党政権を見た私の感想です。

関連記事

古賀光昭のビジネス相談



<<日本は米中から危険なメッセージを送られている | ホームへ | 『龍馬伝』  キャスティングと脚本がイマイチ>>
コメント
このトヨタバッシングが初めて報道されたとき、すごい嫌な予感がしたんですね。これは日本たたき、いじめだなと直感しました。
Chicaさんのおっしゃるとおり、第2、第3の攻撃が来る前に日米関係を修復しないと大変なことになりそうです。
【2010/04/21 11:49】 | 孔明 #ltEMck66 | [edit]
いつも、ありがとうございます。

トヨタは日本を代表する企業ですが、
納めている法人税は、約9000万円だそうです。

その他の税金もあわせれば、
1兆円にもなるそうです。

そういう企業が、次から次へと出てきたら、
あっという間に、
雇用問題から、
税金不足まで、解消されるのに。

経済再生せず、ばらまいて、
いったい、何をしてるのでしょうね。
民主党は。

アメリカも、このまま黙っているはずありませんよね。
相当な怒りを感じます。
トヨタで、わからなければ、
第二第三のパンチがくるでしょうね。
【2010/04/21 00:40】 | Chica #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/407-cd7b753f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)