fc2ブログ


タイトル画像

「戦略」そのⅡ 「差別化戦略」

2010.03.18(00:01) 351

「戦略」の話しの2回目です。昨日は、戦争の各個撃破を企業競争に応用すると「差別化戦略」になるということまでをお話ししました。

「差別化戦略」とは“他社とは違うことをする"ことになります。


では、他社とは違う、どんなことをすればいいのか。

一つは他社には無い“感動”をお客様に与えることです。同業他社では味わえなかった感動をお客様へ与えるのです。

私の家内が経験した例では、ある和菓子屋さんでのことです。そこで商品を買い、その品物を実家へ郵送しようとしましたら、お店の人が
「当店の宅配便の集配は終わってしまいました。お急ぎでしたら、隣のコンビニの集配がまだのようなのでそちらに出されたらいかがですか」と言われたそうです。

家内にすれば期日のあるプレゼントだったために発送を急いでいたので「今日は終わりましたと言われたらどうしよう」と思っていたんですね。ところが、店員さんが隣のコンビニの情報を親切に教えてくれたことに、ちょっと感動したようです。


私の知っている例では、関西在住の頃からお世話になっているソニー生命保険の営業の方になります。

この方はいつもお客様のことを第一に考えて行動されています。保険を薦めるときもお客様のことを常に第一に考えた提案を出され、時には他社の保険を薦めることもある徹底ぶりです。

私も何度も無理なお願いをしていますが、いつも嫌な言葉を出すこともなく、迅速に対応してくれます。そして関西と千葉で書面をやり取りする時にはいつも返信用の封筒と切手を貼ってくださっています。些細なことにきちんとした心遣いができる方です。仕事ぶりや気持ちが感動を与える方です。


皆さまの会社やお店で、他社に無い感動を与えられるものがないかを考えてみましょう。

仕事をきちんとするけど納期も早いというのもいいでしょう。

挨拶や笑顔がとてもいいというのもいいですよね。

ちょっとした心配りができるサービスもいいのではないでしょうか。

そしてこれらの感動が貴社の差別化になり、顧客獲得に繋がるのです。


次の差別化は地域の差別化です。「地域戦略」になります。


<続く>
関連記事

古賀光昭のビジネス相談



<<「戦略」そのⅢ 「三点戦略」 | ホームへ | 「戦略」そのⅠ 「強者・弱者とは?」>>
コメント
安西様、コメントありがとうございます。

ええ、確かにこうした情報で仕事をしていますから、お金をいただけるものだとは思います。ただ、有意義な情報を出すことで皆さまのためになればいいとも思いますし、私のクライアント様にはその会社独自のコンサルを直接指導できると思いますから、考え方の核の部分までは公開をしてもいいと思っています。

今後ともよろしくお願いします。

【2010/03/18 08:22】 | 孔明 #ltEMck66 | [edit]
いつもためになる情報をお伝えしていただき感謝しております。
こういったことって、孔明様からしてみるとお仕事のようなものお金の取れる情報のようですが、大丈夫なんですか?
【2010/03/18 04:34】 | 安西 #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/351-e558810c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)