fc2ブログ


タイトル画像

評論家の差別化戦略(ちょっと奇妙なお話し)

2010.03.04(11:24) 329

今日は「評論家の差別化戦略」と題し、ちょっと変わったお話しをします。奇妙な話しかもしれません。これからやると“もしかしたら”大ブレイクするかもしれない仕事についてのお話です。

それは「宇宙人研究家」です(笑)。

日本では、昔『木曜スペシャル』とかいう番組で、“チャララーン!”って驚かせるような音楽を流して、どちらかというと「怪しい、胡散臭い」雰囲気一杯の番組が放送されていました。ま、最近では全くありませんね。

おそらくですけど、ノストラダムスの予言がはずれた(1999年に人類が滅亡するという部分)ので、ちょっと怪しい臭いのする「この手の番組」が作られなくなったのではないかと推測しています。そうした番組は、それなりに面白かったんですけどね。

アメリカのテレビドラマでは、『Xファイル』とか『V』とかありましたよね。
最近では、映画『The 4th Kind フォース・カインド』というのがありました。こちらは、面白いというより、宇宙人に拉致される怖いお話しです。


さてと、ここから仮定の話に入ります。

仮にですよ、仮に、もし宇宙人が日本に堂々と現れたら、誰がテレビで解説するんでしょうか?
『ムー』という雑誌に文章を書いている人でしょうか?

日本では正式な(公式な)“UFO学者”もいないでしょうから、自称「宇宙人研究家又は専門家」にコメントを求めるしかないですよね。

もし、海外の宇宙人文献をきちんと読み込み、整理できている人がいて、ルックスも普通で、理論的にコメントできる人なら、引く手あまたになりますよね。宇宙人が出てきたら、超売れっ子になると思います。


ま、ある意味、評論家の「差別化戦略」ですが、実現するかどうかは“運任せ”?ですね。


ちなみに、私はやりませんけど。

関連記事

古賀光昭のビジネス相談



<<春の特別企画! 小冊子プレゼントのお知らせです | ホームへ | 家族にとって大事なもの>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/329-ddf501e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)