fc2ブログ


タイトル画像

耳に痛い事が経営者にとって重要な情報である

2010.02.24(00:01) 321

経営者の人にとって良くないことは、”悪い話”が耳に入ってこないことです。会社と言うものは自然とイエスマンが経営者の周りに集まってきます。そうなると、耳に痛い事は中々入ってきません。ところが、その耳に痛いことが経営にとって重要な場合があります。


ご存知の方も多いと思いますが、「アサヒスーパードライ」によって「アサヒビール」を建て直した樋口廣太郎さんは、アサヒビールの社長に就任したときに、他のビール会社に「うちのどこが悪いのですか?ビール業界は初めてなので教えてください」と頭を下げて回りました。

他のビール会社は、ビール業界素人の樋口さんが来たので油断したのでしょう。アサヒビールの悪いところを教えてしまったんですね。そしたら、樋口さんはその悪いところを全部解決する方向で動いたんです。その流れでできたのが「アサヒスーパードライ」なんですね。それで他社はドライに負けてしまいました。

ま、こんな極端な例はありますけど、普通はライバル企業が自社の悪いところをわざわざ言ってはくれません。何も言わずに倒産するのを待つはずです。アサヒビールの例を出すまでもなく、他社の悪いところは、実は改善すべき重要なポイントなのでライバル企業はそんな重要なことを教えることはないわけです。自社の弱点は、実は宝の山だと言えますね。


しかし、自社の弱点を他社は言ってはくれないのです。社内のイエスマンも言ってくれないでしょう。


経営者の方は耳の痛い事を言う人を遠ざける傾向があります。でも、正直に至らないことを言ってくれる人を社内か社外に必ず持つべきでしょう。

そうしなければ、裸の王様になってしまい、会社も危機に瀕することになってしまいます。


関連記事

古賀光昭のビジネス相談



<<これから生き残れる企業とは? | ホームへ | コーチングに足りないものとは何か?>>
コメント
岩崎様、コメントありがとうございます。

意外に重要なメッセージが隠されていることが多いですから、ぜひ有効利用されますといいと思います。

これからもよろしくお願いします。ありがとうございました。
【2010/02/25 10:47】 | 孔明 #ltEMck66 | [edit]
たまに読ませて頂いております。耳の痛い話を聞く(聴く)理屈では分かるけど実際に出来ている自信はありません。これからは向上の為、耳の痛い話を手帳に書いて評価するようにしてみます。勉強になりました。感謝します!
【2010/02/25 01:56】 | 岩崎 #- | [edit]
ネット企画様、いつもコメントありがとうございます。

参考になって良かったです。
ヒントは思わぬところにありますから、ぜひキャッチしてください。
ネット企画様なら、たくさんキャッチされることと思います。
【2010/02/24 23:06】 | 孔明 #ltEMck66 | [edit]
今日も参考になりました。
ありがとうございます。
もう一度、耳の痛いことから逃げずに、
重要な情報ととらえてお客様に伺ってみます。
宝の山をきっとみつけてみます。
【2010/02/24 19:38】 | ネット企画 #kiLt98CQ | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/321-712553fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)