fc2ブログ


タイトル画像

手取り激減時代~『週間ダイヤモンド』の記事から

2023.12.23(15:24) 2820

12月は師走(しわす)と言いますけど、師(僧)が走るように、ほんとバタバタしますね(笑)

そんな師走のすきま時間に『週間ダイヤモンド』2023 12/23・30号を読んでいましたら、驚く記事が載っていました。

それは、「年収700万円だと過去22年で51万円減」という記事です。

内容としては、同じ額面の給与(この場合は年収700万円)でも、22年前の年収700万円の手取りと今の手取りとでは、51万円も減っているというものです。

会社員の人は、あまり”手取り”を意識せずに、年収を見ているかもしれません。

でも、22年間に社会保険料や税金が上がって51万円も手取りが減っているそうです。

それだけ現役世代に負担を増やしているということですね。

私が最初に勤めていた会社のときには、ボーナスに社会保険料は引かれていませんでした。

ところが、途中から社会保険料が引かれるようになり、その引かれる金額も増えていきました。

2004年からは、厚生年金保険料率の14年連続引き上げが開始され、保険料が毎年アップしています。

毎年ちょっとずつ上がっていったので、引かれる会社員の人はあまり気づきにくかったかもしれません。

でも、私は何年か給与計算関連の仕事に携わったことがあるので、毎年上がっていく厚生年金保険料に「なんじゃこれ!」と思ったものです。

若い人へ負担を回すという発想を、ほんと政治家は辞めた方がいい。

こうした方法ではなく、現在年金をもらっている人にも同じ負担をしてもらうような制度にしないと不公平です。

とにかく、手取りが減る方へ社会保険や税金の政策が取られているので、各自で生活防衛をしていかなければなりませんね。

家計に無駄な出費がないか、もう一度見直してみましょう。

月額が少額でも年に換算したら結構な額になりますから、細かい出費もよくチェックすることをおすすめします。


  ⇧
ブログランキングに参加しております。
応援クリックいただけましたら励みになります。

------------------------------------------------------------------
ブログ記事を読んでご縁を感じた方は、ぜひご連絡ください!
一緒に仕事をしましょう!

株式会社ビクトリー 経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご質問は、
問い合わせページから、お気軽におたずねください。
------------------------------------------------------------------
関連記事

古賀光昭のビジネス相談



トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/2820-e23f08e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)