fc2ブログ


タイトル画像

NHK朝ドラ「舞いあがれ!」のおとうちゃんの件は他人事だとは思えない

2023.01.10(14:33) 2741

NHK朝ドラ「舞いあがれ!」(以下、ネタバレ含みます)を何の気なしに観ていましたら、リーマンショックがあって、主人公の舞(福原遥さん)のおとうちゃん・浩太(高橋克典さん)の会社が厳しい状況に追い込まれていました。

受注が減る中で、なんとかこぎつけた次の量産を取れようとしたときに、それが失注。

過労で倒れた父は、そのまま帰らぬ人となりました。

私はこの場面を見ていて、思わず「一所懸命に頑張っている人の命を奪うな!」と声を出してしまいました。

この後の展開もつらいですね。奥さんのめぐみさん(永作博美さん)が会社を継続しようと試みるのですが、力及ばず会社を売却することになりそうです。

私の父も突然の交通事故で亡くなりました。父はサラリーマンの定年前に一念発起して会社を経営していました。

「舞いあがれ」のように従業員はいませんでしたが、会社の処理をどうすれば良いのか、当時はさっぱり分かりませんでした。

我が家の場合、父と親しくしていた同業の方に後処理を任せました。それで何とかなりました。

ただ、一般的に経営者が突然亡くなったら、家族は悲しいだけではなく、経営をどうするか(借金があったらどう処理するか)、経済的にどうするかなど、様々なことが押し寄せます。

忙しかったら気がまぎれるかというと、そうでもなく、ずっと悲しみを引きずってしまうものなのです。


コロナが起きてから、税理士事務所の所長が亡くなって、後継者がいないことが問題になっていると新聞で読んだことがあります。

税理士事務所の所長は高齢な方が多く、コロナで亡くなる方も結構いらっしゃったみたいですね。そして、事務所内に後継者の税理士を育てていないケースが多く、顧問先を他の税理士事務所がやむなく引き継ぐことになるみたいですね。

日本は高齢化社会で、高齢になっても働き続けている人がたくさんいますから、こうしたことは税理士事務所や工場だけではなく、いろいろなところで起こるでしょうね。

今回の朝ドラは、父と娘のやり取りが好きでしたけど、他人事とは思えない展開になってしまいました。


  ⇧
ブログランキングに参加しております。
応援クリックいただけましたら幸いです。

------------------------------------------------------------------
この度、コンサルティング料金を従来の半額にしました!
世界的な未曾有の大不況がもうすぐ起こってきますから、
株式会社ビクトリーへご依頼しやすい価格に設定し直しました!
価格を安くすることによって、皆さまとお会いできる機会を
増やしていきたいと思っております。
ぜひご一緒に仕事をしましょう!

株式会社ビクトリー 経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご縁を感じた方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------
関連記事

古賀光昭のビジネス相談



トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/2741-57c673c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)