fc2ブログ


タイトル画像

2023年の予測 その1

2023.01.03(00:01) 2734

今回は毎年恒例の2023年(令和5年)の予測を書いてみます。

特に経済面について予測を立てたいと思います。

1.為替は円高ドル安へ

日銀が昨年12月に10年物国債金利の許容限度幅をプラスマイナス0.5%に決めました。おそらく今年の4月までには更に0.75%まで許容することとなるでしょう。

4月に日銀の新総裁が誕生します。金利の上昇はさらに進むことになると思われます。

為替は円高ドル安ですね。現在1ドル130円あたりですが、110円あたりに行きそうな気がします。

アメリカの金融バブルが崩壊する日も近づいていると思われますから、その時には100円あたりもあるかもです。

ところで、円高によって輸入物価がましにさりそうですが、世界の混乱によって供給が少なくなることを想定すると、そんなに輸入物価が安くなるとは思えないですね。インフレは続きそうです。


2.債券市場のクラッシュ

世界の債券市場(国債、社債)暴落がありそうです。今までが上がりすぎでした。しかし、金利上昇局面では、債券は下がります。

一旦債券が下がり出したら、止まることを知らず一方的な暴落になります。そこが株式市場と違うところです。債券投資家の多くは恐怖で投げ売りすることになりそうです。

世界や日本で債券市場の暴落が報じられたら世界的な大恐慌又は大不況が始まったと思った方が良いでしょうね。


3.日本企業の倒産と失業者の増加

コロナ禍のどさくさで政府は金融機関を通じてお金を貸すように指示をしました。

それらの企業は業績が悪いところが多かったので、利息だけ払い、元金を返済していません。昨年の後半から、元金の返済が始まっているでしょう。

おそらく返済ができなくて、万歳する会社が増えることになります。

また、雇用調整助成金の特別措置も1月までです。それがある間は頑張っていた会社も、もう限界だと諦める会社も出てくるでしょう。

2月以降は倒産、廃業する企業が増えるでしょう。同時に失業者も増えてしまうことになります。

暗い話が続いてしまいましたが、”どうすれば良いのか”を、今後のブログで書いていきます。

< 続く >


  ⇧
ブログランキングに参加しております。
応援クリックいただけましたら幸いです。

------------------------------------------------------------------
この度、コンサルティング料金を従来の半額にしました!
世界的な未曾有の大不況がもうすぐ起こってきますから、
株式会社ビクトリーへご依頼しやすい価格に設定し直しました!
価格を安くすることによって、皆さまとお会いできる機会を
増やしていきたいと思っております。
ぜひご一緒に仕事をしましょう!

株式会社ビクトリー 経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご縁を感じた方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------
関連記事

古賀光昭のビジネス相談



トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/2734-c87c2d42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)