fc2ブログ


タイトル画像

地獄の釜茹で(かまゆで)の話で気づいたこと

2022.10.07(15:59) 2702

昔読んだ本に、”地獄の釜に煮られる人の話”がありました(笑)。

うろ覚えですが(笑)、地獄で釜の中に入れられて、釜茹で(かまゆで)にされている人が叫ぶのです。

「俺のせいじゃない。悪いのは誰々だ!」だとか、「環境が悪かったからこうなったのだ」だとか、懸命に「〇〇のせいでこなったのだ」と言い訳をするのですね。

しかし、鬼はそれを聞いても、釜の湯の温度を一度も下げてくれないというお話です。

このお話を最近思い出しまして、気づいたことがあったのです。

一つは、「自分以外のものに責任を押しつけても全く意味がない」ということですね。

環境、家族、親、会社や日本政府(笑)や、誰かのせいにしても、それは通用しなくて、人生はあくまで本人次第なのだということです。

二つ目は、「外部環境がどのようであっても、自分のできることをコツコツとやっていくことの大切さ」です。

確かにマイナスの境遇はあるでしょうし、能力的に劣っていると思うことや、ついていないと思われることもあるでしょう。

しかし、それによって地獄の鬼は同情することはないし(笑)、天国の天使だって、「ではあなたは、その境遇で何を思い、何をしたのですか?」と問うのではないかと、私は思ったのです。

このことを経営を題材にしてお話をすると、現在厳しい外部環境がありますね。

輸入価格の上昇によって原材料やエネルギー価格が上昇しています。物価高で消費者の財布の紐が固くなっています。会社の業績が悪くなるような原因には不自由しません。

でもそこで、「環境が悪かったからダメだったんです」ではダメなのです。

会社の業績の失敗を、自分以外のものに持っていくと”そこまで”です。

それだったら誰が経営しても同じで、社長である”あなた”が経営している意味がありません。

経済環境の厳しさはこれからです。これからが本番になります。まだ本番は始まっていません。

できる手をすべて打ってください。自分たちでやれることをやりましょう。


  ⇧
ブログランキングに参加しております。
応援クリックいただけましたら幸いです。

------------------------------------------------------------------
この度、コンサルティング料金を従来の半額にしました!
世界的な未曾有の大不況がもうすぐ起こってきますから、
株式会社ビクトリーへご依頼しやすい価格に設定し直しました!
価格を安くすることによって、皆さまとお会いできる機会を
増やしていきたいと思っております。
ぜひご一緒に仕事をしましょう!

株式会社ビクトリー 経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご縁を感じた方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------
関連記事

古賀光昭のビジネス相談



トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/2702-b245c3f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)