fc2ブログ


タイトル画像

監督を選ぶことについて

2021.08.03(19:23) 2561

バレーボール男子は残念ながら準々決勝でブラジルに負けてしまいました。しかしながら、世界ランク1位のチームに対し、懸命な戦いをしていたと感じました。本当にお疲れ様でした。力を頂きました。

さて、ネット上では、バレーボール女子の中田監督とサッカー女子の高倉監督に関して、批判的なコメントが多いですね。私は両監督の戦略や戦術を全然知らないので、中田監督と高倉監督の采配の批評ではなく、監督を選ぶことについて、ここで書いてみようと思います。


まず、当たり前のことですけど、プレイヤーとして求められる能力と、監督に求めらる能力は全く違うということです。

プレイヤーは、そのゲームの中で実際にボールに触り、結果を出す能力が必要です。

一方、監督はチームをマネジメントして、チームを勝たせる能力が必要になります。

この二つは全く違う能力であり、この二つの能力をともに持っている人はほとんどいません(持っているとしたら、元中日の落合監督ですかね)。能力が違うのですから、これも当たり前のことなのですけどね。

そして、もう一つ大事な点は、監督の能力というのは、「やらせてみて、結果をみないと分からない」ということがあります。

経営が全く同じで、実際に経営をしてみないと、その能力があるのかどうか、成果をあげられるのかどうかは判定できないのです。

また、監督もどういうシチュエーションだったら、うまくいくかというのがあります。

例えば、女子選手を監督すると成果をあげられる人もいるでしょう。企業のチームレベルなら成果をあげられるが、ナショナルチームになると成果をあげられないという人もたくさんいると思います。

ナショナルチームでも、スター軍団のようなチームを指揮するのがうまい人もいれば、地道な選手を鍛え上げてチーム全体の力を強くするのが得意な監督もいるでしょう。

どういうシチュエーションがその監督に合うのかも、実際に指揮させてみないと分からないのです。

だから、監督を選ぶときには、置かれたシチュエーションに近いチーム(組織)で成果をあげた人を選ぶのが、より正解に近いということになります。

ただし、完璧に同じ状況のチームなど存在しないので、ある程度の期間を見て、結果が出ないようであれば、「この監督は合わなかったのだ」と判断して、他の監督を選ぶのがいいということになりますね。

今日は監督を選ぶことについて書いてみました。


  ⇧
ブログランキングに参加しております。
応援クリックいただけましたら幸いです。

------------------------------------------------------------------
ワクチン接種が進んで、つかの間の平和が来るかもしれません。
しかし、まだまだ世界と日本の危機は続きます。
企業家のみなさん、今はたとえ小さな光であっても、
志があれば、その光は大きくなり、
あなたの経営する事業によって救われる人が必ず出てきます。
現代に光を灯すのは企業家なのです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------
関連記事

世界を変える若き企業家たちへ



トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/2561-4fd120ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)