FC2ブログ


タイトル画像

藤浪晋太郎投手は、人の心の痛みが分かる人になっていると感じた

2021.04.03(21:58) 2506

昨日の阪神タイガース対中日ドラゴンズの試合では、藤浪晋太郎投手が6回を1点に抑えたのですが、リリーフ投手が打たれて逆転負けになりました。

打たれた加治屋投手がベンチに下がるとき、藤浪晋太郎投手に「ごめん」と詫びたように見えました。藤浪晋太郎投手はマスクをしていましたので何と答えたのかは分かりませんが、印象では「いえ、気にしないでください。お疲れ様でした。」というように答えていた感じがしました。

私はテレビで見て、藤浪晋太郎投手が心から加治屋投手を労わっていると思ったのですね。

自分の勝ち投手がなくなったのですから、誰だって口では大丈夫といいながらいい気はしないでしょう。でも、この日の藤浪晋太郎投手は自分の勝ちにこだわるのではなく、加治屋投手の心情をおもんばかっているように私は感じたのです。

藤浪晋太郎投手は本当に「人の心の痛みが分かる人になったのだな」と私は思いました。

藤浪投手は何年も辛酸をなめたと思いますけど、無駄ではなかったですね。

人間性が大きく成長していると思います。苦難に打ち勝ち、彼のプラスの部分になっていると思います。

人間、トントンと成功すると慢心して、おかしな人間になりますけれども、苦難が砥石になり、ダイヤモンドのように輝くことがあるのです。

これらかの藤浪投手の活躍に大いに期待したいですね!



  ⇧
ブログランキングから、このブログに来られる方がいらっしゃいます。
新しいご縁のために、あなたの愛でクリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
現代は世界と日本の危機です。
起業家の皆さん、一緒に日本経済を救いませんか。
今はたとえ小さな光であっても、志があれば、その光は大きくなり、
あなたの会社によって救われる人が必ず出るはずです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------
関連記事

世界を変える若き企業家たちへ



<<現代のトレンドは? その1 | ホームへ | 新しい職場で働く人へ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/2506-c218c00f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)