fc2ブログ


タイトル画像

大阪の営業と千葉の営業の違いとは

2010.01.08(12:23) 248

車の販売における千葉県と大阪府の営業の違いについて書いていみたいと思います。ただ、ディーラーは千葉県はトヨタ系、大阪府はホンダ系です。営業マン個人の個性もありますから、孔明の一人言のレベルで読んでいただけますと幸いです。

大阪の営業所は、イメージをいえば「お祭り」です。

いつも明るくお客様に接していますし、実際に餅つき大会やその他の催し物が目白押しでした。家族で良くホンダに行きましたけど、すごく楽しかったですね。


それに比べ千葉の営業所は、「シーン・・・」です。

○○大会みたいなお祭りもありませんけど、店もとても静かです。車の検査や修理を出す時も、担当の営業マンが顔を出すことはめったにありませんし、顔を出しても一瞬でどこかへ行ってしまいます。

大阪の営業マンは、修理のときでもサービスの方に任せるだけではなく、電話でもまずは営業が窓口で対応して、サービスにつないで、修理当日も営業所で会ってくれていました。どうしても出かけて会えないときには、事前に「すみません、その日、納車があるんで、その時間いないんですよ」と、ちゃんと言って出かけていましたね。


ま、大阪が「お客様と密着型」で、千葉が「お客様と距離を置く型」という感じですね。


私は大阪の営業マンのように、親身になってやってくれる人の方がいいんですね。どうも千葉の営業マンのように距離があるのは苦手です。


地域性もあるので、なんとも言えないところもありますが、大阪の営業手法は千葉でも成功すると思うんですが、いかがでしょうか。

関連記事

古賀光昭のビジネス相談



<<『龍馬伝』 「下士も、上士も、のうなるがじゃ」 | ホームへ | 才能のある男の見分け方とは>>
コメント
ネット企画様、コメントありがとうございます。

そうですか、やはり関西人の営業の方は結果を出していましたか。私も千葉でもこの密着型は成功すると思うんですけどね。

当社の研修を自動車販売会社でやるのもいいかなと思いました(笑)
【2010/01/09 10:51】 | 孔明 #ltEMck66 | [edit]
営業の地域性かなりあると思います。
以前いた会社では直属の上司が関西人でしたので、
やはり、徹底したお客様志向でした。
他の班より群を抜いて成績が良かったです。
あの上司は「お客様と密着型」だったんだと気づきました。ありがとうございます。
【2010/01/09 04:38】 | ネット企画 #kiLt98CQ | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/248-1854580b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)