fc2ブログ


タイトル画像

2021年はどのような年になるのか?

2021.01.04(15:03) 2470



今日は、2021年1月4日です。今日が仕事始めの方もたくさんいらっしゃるでしょう。

報道では、東京、千葉、埼玉、神奈川に緊急事態宣言を発出する調整が政府でなされているということでした。

緊急事態宣言が発出されて、どこまで効果があるのでしょうか?

ところで、新型コロナウイルスは日本に元々ないものです。

それが今こんなに日本国民を苦しめているのは、はっきり言って、中国(中国共産党)のせいでしょう。

中国の責任や、中国へ賠償を請求する声が、政府やマスコミからまったくと言っていいほど上がらないのに、違和感を持ちます。

さて、話を戻します。今回の緊急事態宣言の詳細は分かっていません。

おそらく1か月の期間で、飲食店を中心に絞り込んだものになるのではないかとの報道が出ています。

今出すくらいなら、1か月前の方が良かったと思いますよね。

緊急事態宣言が出ると消費は更に落ち込むでしょうから、この一か月を乗り切るには、補助金の金額がポイントになりますね。飲食店や観光業は弱り切っているところに緊急事態宣言で追い打ちをかけられますから、一息つけるぐらいの補助金を出さないと業界がなくなってしまうような恐ろしい事態になります。

責任を取る気がない政治家や自治体の長に国民が振り回されているように思います。ただし、選んだのは国民、都民、府民なので、そこがやっかいなところですが。。。

そして、2021年の日本経済ですが、厳しい状況が続くでしょうね。今年からが本格的なサバイバルになると思われます。

経済はつながっていますから、飲食店が営業できなくなりますと、そこで働いている人だけではなく、食材を提供する会社や食材を運ぶ運送会社など、いろいろなところへ波及し、まわりも影響を受けます。

そういう会社の仕事を受けている税理士、社労士など、何らかの取引をしている人も影響を受けるでしょう。

今年は海外の国で景気が良くなりそうなところが見当たらないので、さらに世界的な景気後退になると見た方がいいですね。

株も手を出さない方がいいでしょう。乱高下が激しくなりそうです。

ただし、これから期待できる分野があります。”フードテック”の分野です。

コンピュータ×インターネット×AI×IoTなど、最近のIT技術の進化と「食」を合体させたものです。この分野に政府も積極的に支援することを表明しています。

カニカマのように、蟹ではない食材を使ってカニのような食べ物を作ることや、野菜を使って肉料理のようなものを作ることや、養殖など、多岐に渡って「食」におけるイノベーションが起ころうとしています。

食は、農業、漁業、食品製造、流通、保存、調理、配送など、幅広い分野にまたがります。

また、トレンドは世界的には食不足の方向になっています。これから非常に伸びる分野なので、関心のある方は政府の補助金を調べてみるのもいいでしょうね。

次回は、今年の厳しい状況を乗り越えるための企業編を書こうと思います。



  ⇧
ブログランキングから、このブログに来られる方がいらっしゃいます。
新しいご縁のために、あなたの愛でクリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
現代は世界と日本の危機です。
起業家の皆さん、一緒に日本経済を救いませんか。
今はたとえ小さな光であっても、志があれば、その光は大きくなり、
あなたの会社によって救われる人が必ず出るはずです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------
関連記事

古賀光昭のビジネス相談



<<激動の2021年を生きのびるために 企業編 | ホームへ | 我々は誰もが毎日、命を削っている>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/2470-3108e3f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)