FC2ブログ


タイトル画像

戦後の経営者に影響を与えた企業家精神とは

2020.07.08(15:50) 2414



1981年の『ハーバードビジネスレビュー』の中に「日本の成功の背後にあるもの」というドラッカーの論文があります。

ここには非常に示唆に富む内容が書かれています。

第二次世界大戦を境に、岩崎弥太郎の企業家精神と渋沢栄一の企業家精神の受け入れられ方が逆転したという見方です。

戦前は岩崎弥太郎的な、個がきら星のようにそれぞれが輝き、それぞれが思い思いのままに事業を行うのが是とされていました。

ところが、戦後は、それぞれが思いのままに事業を行うのではなく、国益を第一に考えた経営をすることが是とされました。

そして、それは渋沢栄一の精神の影響だとドラッカーは論じています。

日本の戦後の経営者は、「日本のために何をすればいいのか」を考えて経営をしていたというのですね。

私は、ウィズコロナの時代、ポストコロナの時代も同じ考え方が必要だと思っています。

経営者は、自分の会社が生き残るだけでも大変だと思っているでしょう。

でも、自分の会社のことだけを考えるのではなく、日本のこと、自分のふるさとのことを考えてみませんか?

自分たちの会社が何をすれば、日本にとって良いことなのかを思って、経営してほしいのです。

これからの時代の経営理念には、「国益を第一に考えること」を入れていかなければなりません。



みなさんの御両親や家族が暮らす日本。

みなさんが愛している人が暮らしている日本。

みなさんが将来好きになる人が生きている日本。

われわれの後に続く子らが生まれてくる日本。

みなさんのふるさとがある日本。


「日本経済の再興」という偉大なる事業へ挑戦してみませんか!



  ⇧
ブログランキングから、このブログに来られる方がいらっしゃいます。
新しいご縁のために、あなたの愛でクリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
現代は世界の危機です。
起業家の皆さん、一緒に日本経済を、世界経済を救いませんか。
今は小さな光であっても、志があれば、その光は大きくなり、
あなたの会社によって救われる人が出るはずです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------
関連記事

世界を変える若き起業家たちへ



<<異世界~経営問答奇譚 第6話 インターネット通販のCEO | ホームへ | iPhone11は快適!>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/2414-a71871c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)