FC2ブログ


タイトル画像

6月1日の日経記事、「合理性欠いた自粛要請」

2020.06.02(18:59) 2405



前回のブログ(5月31日)に新型コロナウイルス(武漢ウィルス)に関する「新しい生活様式」や、政府と専門家会議の対応について疑問を呈しました。

私的なブログとはいえ、世間の流れとは違う内容でしたので、投稿することは勇気がいることでした。

ところが、昨日6月1日の日経新聞の朝刊11面(科学技術)に、日経の編集委員の矢野寿彦さんという方が、私と同じような主張を書いていました。

私は批判を恐れるあまり、ぼやかしてブログに書いたのですけど(^^;)、この編集委員の矢野さんは明確に指摘されていましたね。

詳しい内容は、ぜひ記事を読んでいただけたらと思います。

その中で印象的だったのが、「コロナ専門家有志の会」のメンバーの一人が緊急事態宣言解除前に「感染者は確実に減ってきた。しかし、いったい何がこんなに効いたのか、よくわからない」という言葉です。

専門家の方も、なぜ感染が減っているのか、ウィルスを封じ込められたのかが、分からないということなんですよ。

なにが有効なのかが分からない人たちが会議をして(分からないものは仕方がないことだと思います)出した「新しい生活様式」を国民生活のルールとするのはおかしくないですか?

日経の記事でも、「新しい生活様式」は医学的助言とは程遠いものだと書いています。政府や自治体の首長が責任を回避するために専門家を使っているように思えて仕方がありません。

人との接触機会を何割減らしたら、どのような結果になったかを検証しなければいけないでしょう。少なくても、”8割削減は言い過ぎだった”ということは言えるでしょう。

今日、東京へ仕事で外出し、帰りに柏の葉キャンパスにある「ららぽーと柏の葉」によって食事をして帰りました。食事をする場所も、活気がなくなっていますね。声をあまり出せないし、仕切りがテーブルごとにありますし、メニューの種類も減っていますし。

日経の記事の見出しにある「合理性欠いた自粛要請」のツケは大きいです。



  ⇧
ブログランキングから、このブログに来られる方がいらっしゃいます。
新しいご縁のために、あなたの愛でクリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
現代は世界の危機です。
起業家の皆さん、一緒に日本経済を、世界経済を救いませんか。
今は小さな光であっても、志があれば、その光は大きくなり、
あなたの会社によって救われる人が出るはずです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------
関連記事

世界を変える若き起業家たちへ



トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/2405-554845ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)