FC2ブログ


タイトル画像

「ポスト中国ウィルスの時代」はどうなるのか、日本はどうなるのか その5

2020.04.12(22:30) 2372



「ポスト中国ウィルスの時代」で避けていた話題があります。

現在のビジネスは、どうなるのかということです。

まだ「ポスト中国ウィルスの時代」のビジネスの姿は見えていません。しかしながら、もう「中国ウィルス以前の時代」と同じようにできるビジネスは限られてくると考えた方がいいです。

以前、中国という国が「中国ウィルスより前の状態に戻ることはない」とブログに書きました。同じことは、日本の社会、ビジネスにも言えます。

仮に今年の6月や7月に中国ウィルスが一旦終息しても、寒い季節になったら変異して、また流行する可能性があります。

そうしたら、また今のように人との接触を少なくすることが求められます。

そうなると、今のような状態を近い将来に経験することになります。ですから、今、打撃を大きく受けている業界は、本当に残念ですが、売上が以前のように戻るのは難しいと思われます。

今、すべての経営者が問わなければいけない問いは、「今の事業をいかに効率よくやるか、改善するか」ではなく、「何を事業にするのが正しいか」です。

最悪の想定として、中国ウィルスが1年、2年と続くとしたら、今の事業をやるのかどうかです。


ところで教育では、オンライン授業が進んでいくでしょうね。すべての授業を双方向ではなく、通信教育のような一方通行にするなら、学ぶ場所も時間も自由になります。そうなると、オンラインで学ぶ先生を選べるようにするのが合理的ですよね。

すなわち、教えるのがうまい先生を全国(あるいは都道府県)でオンラインで選択して、勉強する方が成果が上がるでしょうね。先生の教える力に競争原理が入ってくるのです。

そして、担任の先生の役割が変わってきます。カウンセラー的な立ち位置といいますか、よき相談相手であり、よき先輩であり、人生の導き手としての人間性を体現した人が、科目を持たずに担任をやるようになると思います。


それから、コンサートもスポーツもドラマの撮影もできなくなるので、ミュージシャンやスポーツ選手や俳優にも影響を及ぼします。スポーツや文化の危機も呈してきました。こうした世界の人も、今まで通りにはいかなくなるでしょうね。


こういう話を読まれますと暗くなるかもしれません。すみません。でも、決して気持ちを落とすことなく、粘り抜いてください!

今までやってきたことを辞めざるを得なくなったり、あきらめざるを得なくなったりすることもあるかと思います。

その時はその時で、新しいことに取り組みましょう!

「もう自分はダメなんだ」なんて、絶対に思ってはダメですよ!

何かを辞めることで、新しい展開が始まります!新しいステージに「えいや!」って、移っていきましょう!

政府もたくさんの経済対策をうってきます。時流に乗れるものは乗っていきましょう!

人生、何とかなります!
関連記事

世界を変える若き起業家たちへ



トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/2372-12a5b745
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)