FC2ブログ


タイトル画像

大恐慌時のIBMのイノベーションとは

2020.02.20(22:50) 2334

d0b9ed22786950fddb430a53e047d0a4_s (1)

前回のブログ記事で、中国発の世界大恐慌をイノベーションの機会にすることを書きました。

ドラッカーの『現代の経営 下巻』(上田惇生訳、ダイヤモンド社)に、大恐慌時のIBMのイノベーションが書かれています。

IBMはイノベーションとして、雇用保障をしています。IBMのトップマネジメントは、雇用を維持することこそ自らの仕事としたのです。それも1930年代の大恐慌の初期の頃に採用されています。

ドラッカーは、IBMのあるエグゼクティブの言葉を紹介しています。

「IBMは成長したから、不況時にも雇用を維持できたという言い方は正しくない。逆に、雇用の維持を約束したからこそ、IBMは成長した。この約束のせいで、IBMは新しい顧客と新しい用途を見つけなければならなかった。さらには、市場において満たされていないニーズを見つけ、そのニーズを満たす製品を開発しなければならなかった。海外に市場を開拓し、輸出を促進しなければならなかった。
もし、不況時にも雇用を維持するという約束がなかったならば、IBMは世界一の事務機器メーカーにも、輸出企業にもなっていなかったと思う」

IBMは、雇用を維持することを社員に約束したので、トップマネジメントは顧客を創造するしかなくなったわけですね。そして、社員は安心して働けたのでしょうし、モチベーションも高くなっていたのでしょう。

「そんな甘いこと、できないよ」と、ほとんどの経営者は思われるかもしれません。

でも不思議なことに、雇用を維持しなかったIBMの競合会社は、大恐慌時に苦しんでいたようです。

大恐慌時でも倒産を免れたのはIBMだからだと思われるかもしれませんが、当時のIBMは単純なパンチカード機械を作っていただけで、独自の技術や製品と呼ばれるものがあったわけではありません。ただ、社員の訓練には力を入れていたようです。

社員の雇用を守ろうとするから、経営トップが頑張れるところもあるんです。そのギリギリの心境から、創意や工夫が生まれ、新しい市場も出てくるのだと思います。

「うちの会社には関係のない話だ」と思わずに、大恐慌時にそうした成功事例があったことを知ってください。



  ⇧
ブログランキングから、このブログに来られる方がいらっしゃいます。
新しいご縁のために、あなたの愛でクリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
今年からコンサルティング料を無料にしました。
現代は世界が危機にある時です。
一緒に日本経済を、世界経済を救いませんか。
今は小さな光であっても、志があれば、その光は大きくなり、
あなたの会社によって救われる人が出るはずです。
経営をしていることに誇りを持ってください!

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

何かご質問・ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡くださいね。
------------------------------------------------------------------
関連記事

古賀光昭のビジネス教室



トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/2334-8b1860cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)