FC2ブログ


タイトル画像

経営書を一冊だけ読むなら、『現代の経営』を

2020.02.12(21:36) 2329



世の中、たくさんのビジネス書、経営に関する書籍があります。

一冊だけ読むなら、私は迷わずにドラッカーの『現代の経営』(上田惇生訳、ダイヤモンド社)をお薦めします。



中小企業の経営なら、名コンサルタントの一倉定さんの本がとても参考になります。

しかし、経営全体の軸をしっかりと持つ、体系を把握するという面でも、『現代の経営』は外せません。

経営の核となる考え方は『現代の経営』にほとんど書いてあるので、他の経営書は『現代の経営』の一部を具体的に書いていると気づかれるでしょう。

経営者やマネジャーは、まずは『現代の経営』を精読して学ぶといいです。

大事なことは、「1回読んで終わりにしないこと」ですね。

1回読んだだけでは、理解しにくいということがありますが、それだけではありません。

何回も読まないと、実際の経営に使えないのです。

ご自身の中にドラッカーの『現代の経営』が考え方の軸としてきちんと入っていないと、それを自社の経営に縦横無尽に使えません。

だから、何度も精読してください。

それから、ドラッカーでは、次の3冊も必読書です。

『創造する経営者』、『経営者の条件』、『イノベーションと企業家精神』の3冊ですね。

一冊だけなら、『現代の経営』ですが、ドラッカーの著書を他にも読み進めようと思われているなら、『創造する経営者』や『経営者の条件』の方が初めての方でも読みやすいかと思います。



  ⇧
ブログランキングから、このブログに来られる方がいらっしゃいます。
新しいご縁のために、あなたの愛でクリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
今年からコンサルティング料を無料にしました。
現代は世界が危機にある時です。
一緒に日本経済を、世界経済を救いませんか。
今は小さな光であっても、志があれば、その光は大きくなり、
あなたの会社によって救われる人が出るはずです。
経営をしていることに誇りを。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

何かご質問・ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡くださいね。
------------------------------------------------------------------
関連記事

古賀光昭のビジネス教室



<<これからは一種の有事。ボトムアップではなく、トップダウンの経営を | ホームへ | 中国を当てにしたビジネスは、ほとんどがダメになるだろう>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/2329-87dd5983
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)