FC2ブログ


タイトル画像

『グランメゾン東京』と大きなビジョン

2019.10.27(15:27) 2289



先週の日曜日、ラグビーワールドカップ、日本代表が南アフリカと戦った日に、TBS系にて木村拓哉さん主演、『日曜劇場 グランメゾン東京』が始まりました。

私は録画して観ましたけど、面白いドラマでした。テンポが良く、脚本がいいですね!

昔、三谷幸喜さん脚本の『王様のレストラン』というフレンチレストランを扱ったとても良いドラマがありました。その中でいろいろなフランス料理が出ていましたけど、『グランメゾン東京』に出てくるフランス料理はそれらをはるかにしのぐ美しさです。フランス料理のレベルがかなり上がっているのでしょうね。

木村拓哉さんを始め、いい俳優さんが出ているので、今後の展開が楽しみなドラマです。

さて、第一話の中で、ビジネスに関係して次の2点が「おや」っと思いました。

第一点は、日本の高級レストランの10年生存確率は、1%だということです。

フランス料理に関わらず、全高級レストランが10年潰れずに続けられるのは、たったの1%です。ほとんど全部が潰れている、倒産しているということですね。これは厳しい数字だと思います。

現在はデフレの時代なので、低価格競争ではなく、よく付加価値の高いものを作る、付加価値の高いサービスを提供するといった高価格戦略を薦めることがあります。

しかし、実際にやってみると「100人に1人しか成功しない」ということですね。そして、お金持ちを相手にビジネスをすることは難しいことが分かります。

飲食店に限らず、高付加価値製品、サービスを提供して数年は成功しても、10年も成功し続けるのは至難の業だということです。


第2点は、木村拓哉さんが鈴木京香さんを誘って、新しいフランス料理店を創業するときの言葉です。

「世界一のグランメゾンを東京に俺たちが作ろう」という言葉ですね。

ここでのポイントは人の心を動かすようなビジョンを明確に言葉にして伝えていることです。

「世界一」という言葉が良かったのではないでしょうか。

突拍子もない言葉でも、それを発する人に可能性を感じるなら、その言葉に説得力が出てきます。

『グランメゾン東京』では、木村拓哉さんなら、それができるのではないかという実績、料理があったわけです。

会社も同じことが言えるでしょう。何か貴社で、この分野なら一番を取れるのではないかというのがあれば、それをビジョンとして掲げてみましょう。地域や分野を縮めれば、トップになれるものがあるかもしれません。

「千葉県で一番になる」、「福島県で一番になる」というような県単位から初めて、「日本で一番の〇〇になる!」、「世界一の〇〇になる!」というビジョンを立てるといいです。

世の中が縮み志向になってきているので、説得力のあるビジョンを大きく掲げた企業が良い人材を集められるでしょう。


  ⇧
ブログランキングに参加しております。クリックを励みに頑張っております!
いつもありがとうございます!

------------------------------------------------------------------
只今、開業10周年を感謝して、顧問料をお得な価格で提供しております!
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご縁を感じた方は、「古賀光昭の公式サイト」の
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
ぜひ一緒に仕事をしましょう!
------------------------------------------------------------------
関連記事

古賀光昭のビジネス教室



<<最近の阪神タイガース、どうしちゃったんでしょう?!(笑) | ホームへ | 巨人が日本シリーズ4連敗 なぜセ・リーグは弱いのか?>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/2289-3b75eeb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)