FC2ブログ


タイトル画像

巨人が日本シリーズ4連敗 なぜセ・リーグは弱いのか?

2019.10.24(22:36) 2288

日本シリーズでソフトバンクホークスが、読売ジャイアンツを4連勝で下しました。西武ライオンズを4連勝で負かしていましたから、ソフトバンクホークスは強いと思っていましたが、想像以上の強さでした。

日本シリーズは今年はまったく見ていませんでした。しかし、最終戦は見ようかなと思っていて、外出後に8回の裏からテレビで日本シリーズを観戦しました。

9回にソフトバンクホークスの周東選手が飛び出して、ジャイアンツのキャッチャーに刺されるシーンがありました。それを解説の中畑清氏がしきりに「流れが変る大きなプレーになりそうだ!」と巨人を”よいしょ”することを言っていました。

私は「そんなことはないやろな」と思っていました。なぜなら、流れを止めるのがストッパーだし、いいピッチャーなのです。いいピッチャーは味方の悪い流れを止めることができます。それがストッパーだったり、エースだったりするのです。

だから、中畑清氏が何度も巨人びいきに「流れが変る」と言っているのが、「なんだかなぁ」と思った次第です。


ところで、優勝した巨人が完璧に負けたことで、「セ・リーグが弱い」という記事がネットに出ております。

それは正解でしょう(笑)。

その理由をセ・リーグがDH制を導入していなからだとか、ドラフトで良い選手を取れていないだとか、いろいろと言われています。おそらく、それらがセ・リーグが弱い要素であると思います。

私はそれに加えて、セ・リーグの野球が「現代の若者に合っていない」と考えます。

それは、セ・リーグは減点主義に見えるからです。

ミスをしないような野球といいますから、伸び伸びとできない野球のイメージがセ・リーグにはします。一方、パ・リーグは思い切った野球をやっていて、それが現代の若者の気質に合っているように思えるのです。

セ・リーグが減点主義になるのは、マスコミに取り上げられる大きさがパ・リーグより大きいからだと思います。

活躍すると大きく取り上げられますが、失敗すると更に大きく取り上げられる(笑)。戦犯みたいな扱いにもなりますからね、とにかくミスしない、失敗しないような動きになってしまいます。

こういう減点主義のような野球が、ここ10年くらいの選手には合わなかったのでしょう。

阪神タイガースの矢野監督は、こうした減点主義のような野球を止めて、「積極的なミスはOKの加点主義的な野球」をやろうとしていると思います。

ただ、阪神タイガースの場合、ファンやマスコミがうるさいので、矢野監督が加点主義的な野球をしようとしても、難しい面はありますけどね(笑)。でも、来年、再来年とやっていけば、結果は伴ってくると思いますね!



  ⇧
ブログランキングに参加しております。クリックを励みに頑張っております!
いつもありがとうございます!

------------------------------------------------------------------
只今、開業10周年を感謝して、顧問料をお得な価格で提供しております!
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご縁を感じた方は、「古賀光昭の公式サイト」の
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
ぜひ一緒に仕事をしましょう!
------------------------------------------------------------------
関連記事

古賀光昭のビジネス教室



<<『グランメゾン東京』と大きなビジョン | ホームへ | 天皇陛下のご即位とラグビーワールドカップ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/2288-f2c712b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)