FC2ブログ

記事一覧

韓国は共産・全体主義国家へなるのか



韓国の上場企業573社の今年1月から3月の営業利益は、前年同期より37%の減益となりました。

韓国のウォンは対ドル為替相場が18年12月末から19年3月末にかけて5%近くウォン安になっていますので、それで業績が悪化しているというのなら、相当深刻な状況だということです。

このままだと、韓国は年内に国家破綻の危機を迎えるでしょう。

もしかしたら、文大統領はこの国の危機を利用して、共産主義・全体主義国家を作ろうとしているのではないでしょうか。すなわち国家破綻の危機に非常事態宣言をし、財閥を解体して、すべての企業を自分の統制下に置いて、北朝鮮と統一朝鮮になるという方法です。こんなことをアメリカが許すとは思えませんが、韓国は勝算の無いことをやりますので、何が起きるか分かりません。


さて、今日の日経新聞には、アジア通貨に下げ圧力が強まっているという記事がありました。

韓国ウォンだけではなく、人民元、台湾ドル、インドネシアルピア、マレーシアリンギ、インドルピーが下がっています。

こうしてみると日本は東アジアにありますけど、アジアというよりはアメリカと一蓮托生の国ですね。安全保障は完全にアメリカに依存していますしね。

今の世界は、アメリカと日本が一緒になって、世界をリードしていくようになっています。

そのアメリカは、中国のファーウェイへの事実上の輸出禁輸措置を取りました。ファーウェイにはアメリカの企業も何社も取り引きをしていますから、アメリカの企業にも影響が及びそうです。それでもトランプ大統領は制裁を課すのですね。

このトランプ大統領の動きを見ますと、トランプ大統領は知的財産の保護や安全保障を重要視しているようですね。それと、中国の覇権主義を許さない姿勢を取っています。

トランプ大統領の戦略は、世界経済に混乱をもたらしています。しかし、中国がアメリカを凌駕する時は地球の危機なので、長い目で見れば良い方向へ進んでいるのです。

日本はアメリカとの日米同盟を継続するだけではなく、経済的にもより強い結びつきをし、イギリス、インド、ロシアと連携して中国の脅威から国を守るべきです。そして、反日の国である中国、北朝鮮、韓国とは断固とした外交で対処すべきです。



  ⇧
ブログランキングに参加しております。クリックを励みに頑張っております!
いつもありがとうございます!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

何かご縁を感じた方は、「古賀光昭の公式サイト」の
問い合わせページから、ご連絡ください。
ご連絡をお待ちしています!
お会いしたいですね!
------------------------------------------------------------------
関連記事

プロフィール

古賀光昭

Author:古賀光昭
経営コンサルタント。上智大学博士前期課程英米文学専攻修了。複数の上場企業等を経て、2009年5月に千葉県柏市にて独立。社外No.2の総務部長として人事、財務、経営計画書のアドバイスを行っている。このブログは「世界を変える志を持った若き起業家」へのメッセージ。

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -