FC2ブログ


タイトル画像

一つひとつの仕事が、素晴らしい「作品」という考え方

2019.04.06(19:57) 2229



田坂広志さんの著書に『仕事の報酬とは何か』(PHP文庫)というのがあります。



この本は20代、30代の方にはぜひとも一度読んでほしい素晴らしい本です。

そこには、「我々が、日々の仕事において残すものは「作品」である。我々が、心を込めて残す仕事は、一つの「作品」である。」という言葉が書かれています。

「作品」というと、音楽家の残す曲や、画家の残す絵などの芸術的「作品」を想像するでしょう。

しかし、田坂広志さんは、日々の仕事において大量に生産される製品であっても、目に見えないサービスであっても、それはまぎれもない「作品」であると述べられています。

自分たちが仕事で残すものは「作品」なのだという考えを大切にしてほしいと、田坂広志さんは書かれているのです。

精一杯に力を尽くし、心を込めて残していく一つひとつの仕事が、素晴らしい「作品」


素晴らしい考え方ですね。

心を込めて仕事をして、素晴らしい「作品」を残していきたいですね!


  ⇧
ブログランキングに参加しております。クリックを励みに頑張っております!
いつもありがとうございます!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

何かご縁を感じた方は、「古賀光昭の公式サイト」の
問い合わせページから、ご連絡ください。
ご連絡をお待ちしています!
お会いしたいですね!
------------------------------------------------------------------
関連記事

古賀光昭のビジネス教室



<<新一万円札は、渋沢栄一さん | ホームへ | 新しい元号は「令和」>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/2229-220edbe7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)