FC2ブログ


タイトル画像

明日人生が終わることを覚悟して今を生きる

2019.03.21(18:32) 2220



昨日のブログで『愛でメシが食えるかって?愛でこそ食えるんだよ』(金城幸政著、廣済堂出版)に触れましたが、続いて読んだ本が田坂広志さんの『なぜ、優秀な人ほど成長が止まるのか』(ダイヤモンド社)です。

若い方は、この本をぜひとも読むことをお薦めします。ビジネスを成功させる本というよりは、人生を拓く方法が体系的に書かれている名著です。

ところで、不思議なことに、この本でもスティーブ・ジョブズのことに触れてありました。



スタンフォード大学でのスティーブ・ジョブズのスピーチの引用です。

「もし、今日が、人生最後の日であるならば、この仕事をやりたいと思うか」と、自分に問いながら生きてきました。


私はたまたま連続して読んだ本にスティーブ・ジョブズのことに触れたものがあったので、これは何か意味があるのではないかと思いました。

そして、出した答えは、死生観でした。

その死生観とは、「明日人生が終わることを覚悟して、今日一日を生きる」という考え方だと私は考えています。

言葉を代えれば、たった一度の人生を悔いなく生ききることです(私は、人間は輪廻転生していると信じています。しかし、今回の古賀光昭という個性は一度きりです)。

人間は、ついつい自分を守ろうとします。つまり、生存し続けようと発想します。

でも、生存とは真逆の「死を見つめる」ことによって、かえって自分の生き筋が見えたり、才能が発揮されたりすることもあるのですね。

天と両親からいただいたこの命を正しく使っていこうと思いました。

奇しくも今日はお彼岸の中日です。ご先祖様に思いを向けて感謝するときでした。
ご先祖様、父、義父、ありがとうございます。



  ⇧
ブログランキングに参加しております。クリックを励みに頑張っております!
いつもありがとうございます!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

何かご縁を感じた方は、「古賀光昭の公式サイト」の
問い合わせページから、ご連絡ください。
ご連絡をお待ちしています!
お会いしたいですね!
------------------------------------------------------------------
関連記事

世界を変える若き起業家たちへ



<<イチロー選手が現役を引退 | ホームへ | 人生の幕を閉じるときに一緒にもっていけるもの>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/2220-b47aa736
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)