FC2ブログ


タイトル画像

簿記の知識をまず身に付ける

2018.09.29(19:23) 2147

中小企業の経営者の方は、会計や財務経理を苦手にする人が多いのではないでしょうか。

中小企業の経営者の方は「事業を創造する能力」に長けているので、会計に面白さを感じないからだと思います。

また、学校教育で会計を学ぶ機会はほとんどないため、日々の経営に追われ、「まとまって勉強するタイミングがなかった」ということがあるのでしょうね。

経営者の方で会計を勉強したいと思う方に私がお薦めするのは、簿記の知識をまず身に付けることです。

たぶん世間的に受けるのは、「経営者は、簿記は要らない!損益計算書と貸借対照表のココだけが分かれば良い!」というものではないですかね。

でも、私は遠回りのように思われるかもしれませんが、簿記の3級レベルの知識をまず理解した方が良いと思っています。

なんにせよ、簿記のロジックを理解することですね。

簿記のロジックを分かっているか、分かっていないかで、財務諸表(貸借対照表など)の理解が大きく違ってきます。

簿記の3級のロジックを理解するのは、そんなに時間を取るものではないので、まとまった時間を使って勉強するといいと思いますね。

管理会計もキャッシュフローも簿記が基礎になっています。

土曜日のお休みを一か月だけ全部使って、学ぶといいと思いますね。




いつも応援クリックありがとうございます! クリックを励みに頑張っております!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

現在顧問契約をご希望の企業様は、空き待ちとなっております。
しかしながら、経営でお困りの方は、古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、ご連絡ください。
空きのある日にスポットでのコンサルティングを行います。
なお、顧問契約については、空きが出次第となります。
ご了承ください。
------------------------------------------------------------------
関連記事

古賀光昭のビジネス教室



トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/2147-8899b93b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)