fc2ブログ


タイトル画像

『項羽と劉邦』に学ぶ 3

2018.08.18(23:05) 2124

昨日に続き、司馬遼太郎さんの『項羽と劉邦』から学べる教訓について書いてみます。



項羽が天下を取れなかった大きな原因は、項羽の残虐性だったのではないでしょうか。

項羽は戦に勝つと、負けた旧秦の兵士20万人を生き埋めにして殺していました。

おそらく項羽が天下を取れば恐ろしいことになると、ほとんどの人が思っていたでしょう。

前回は論功行賞で味方武将が不満を持っていたことを書きましたけど、項羽は勝った地域や兵士に対し残虐な行為をしていたので、敵兵士の家族や領民にも相当恨まれていたと思います。

これによって領民や流民などは、反項羽勢力となり、項羽を倒してくれるならと、劉邦に味方したのでしょう。


項羽のこうした「残虐性による失敗」を現代のビジネスを当てはめると、どのようなことが教訓になるでしょうか。

それは、経営トップは冷たすぎてはいけないし、恐れられ過ぎてもいけないということです。

経営トップは舐められてはいけませんが、怖すぎる経営トップの場合は、周りがイエスマンだけになります。

また、冷酷な経営トップは徳が発生せず、人心が離れます。会社の雰囲気も悪くなります。

こうした経営トップが率いる会社は、いずれは取引先、得意先に恨まれるか、社員に恨まれるかして、最後には自分より強いライバル企業に潰されていくことになるでしょう。


ところで、劉邦には愛嬌があったようです。

やはり男性でも愛嬌はあると良いですね!

「あの社長は、よく分からないけど憎めないんだよな」と、人から思われるくらいの愛嬌があってちょうど良いと思います。

残酷な項羽が滅び、愛嬌があった劉邦が天下を取ったことは偶然ではなく、歴史の教訓であるのです。
関連記事

世界を変える若き企業家たちへ



<<あいつだけは見返してやりたいという恨み心 | ホームへ | 『項羽と劉邦』に学ぶ 2>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/2124-2f239bf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)