FC2ブログ


タイトル画像

CEOが最初に雇うべき最も大切な人とは?

2018.06.23(19:03) 2083

USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)にハリーポッターを導入し、業績を劇的に上げた森岡毅さんのマーケティング入門書があります。下記のものです。



この本は、マーケティングの考え方がのっています。単にマーケティングの概略が書かれているだけではなく、実践の経験談も書かれているので、参考になるのではないでしょうか。

この本のマーケティングに関する考え方は、ドラッカーが言っていたマーケティングの内容だったので、やはりドラッカーが言っていたマーケティング理論は正しいのだなと再認識しました。


ところで、この本では、CEOが最初に雇うべき最も大切な人は誰か、ということが書かれています。


皆様は誰だと思われますか?


マーケティングの人でしょうか? ファイナンスの人でしょうか?


違うんです。


「人事のリーダー」です。森岡毅さんは、会社の中で最重要なのは間違いなく人事部で、最初に雇うべき最重要人物は、人事のリーダーだと書かれています。

その理由を森岡毅さんは、次のように書かれています。

「人事のリーダーさえ優秀であれば、マーケティングでもファイナンスでも優秀な人間を雇うことができます。採用活動だけでなく、社内の人的資源を有効活用するための組織構造、評価制度や報酬制度などの人事システム、更には組織風土も整備していくでしょうし、社内の人的資源を増やすための有効なトレーニングなども開発することでしょう。」


私もこの意見に同意ですね。

特に中小企業では、人事担当者の優秀さに合わせて、採用の成果も決まってくるでしょう。それゆえ、会社のネームバリューで求職者を引き付けることができない会社であれば、人事に一番良い人を充てて、採用と研修で業績を上げていくのが一つの方法です。

ただし、人事に適任者がいないというケースも多いと思いますので、そういう時には私が言っているような「社外総務部長」のような形でコンサルタントや人事経験者を非常勤で契約するのもよろしいかと思います。




いつも応援クリックありがとうございます! クリックを励みに頑張っております!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、御連絡ください。
お待ちしています!

------------------------------------------------------------------
関連記事

古賀光昭のビジネス教室



<<本屋のイノベーション、1万円選書 | ホームへ | ゴールポストの大きさが違うのが野球>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/2083-650a90b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)