fc2ブログ


タイトル画像

カジュアルウェアと紳士服の接客の違い

2009.12.07(10:44) 208

先日、某有名カジュアルショップにコーデュロイジーンズを買いに行きました。スキニーという細身といいますか、足にぴたっとするタイプのものが、ストレートよりも安くなっていたので試着してみました。

ウエストにあったものを履くと、ピタッと下半身の線がおもいっきり出るものなので、「なんか、みっともないかな」と思い、ウエストに合ったものよりワンサイズ上のサイズを履きました。すると少しブカっとした感じになります。自分ではどちらがいいか決めかねていたので、男性の店員さんに聞いてみました。すると

「お好みですから」との回答。

うーん、確かに本人の好みの問題でしょうが、客観的な意見を聞きたかったのになー。

たぶん、マニュアルにも「お好みですから」と無難に対応するよう指導されているのでしょうね。でも私は第三者の目として、どちらのサイズが似合うかを言って欲しかったんですが・・・ (ちなみに、買ったのはワンサイズ上のものでした)


一方、以前スーツを買った「紳士服のコナカ」さんでは、スーツと言う商品のせいか、似合うとかおかしいとかのアドバイスをきちんとしてくれましたね。私の体型を見ながら、「これは少し大きいですね。」とか、「ピタッとしたものを履かれた方がお似合いですよ」とか、どんな服を着たらその人がはえるかを教えてくれて良かったですね。

ユニクロの柳井正さんが『一勝九敗』(新潮社)の中で、「紳士服は接客しないと売れない。・・・セールストークや採寸まで、技術や熟練が要求される。それに反し、カジュアルウェアは接客しないで売れる。ただし売れるものは飛ぶように売れるが、売れないものはぜんぜんダメだ。差が大きい」と言ってました。


カジュアルで親身な接客を期待したいなら、個人経営の行きつけの店を作らないと無理なんでしょうね。ただし支払う額も比例して大きくなると思いますが・・・

関連記事

世界を変える若き企業家たちへ



<<フィードバックの仕組みをつくる | ホームへ | 今、幕末から明治がアツい!!>>
コメント
プロさん、コメントありがとうございます。

さすが同業としての厳しいコメントですね。

たぶん、この店の人は無難にすませたかったんでしょうね。後で、「これ似合わなかった」なんて言われたら困るからだと思います。

上手に接客すれば、コーデュロイ以外に上着なども合わせて買うかもしれませんよね。そういう意味では、店としたら機会を逃していると思いますね。

【2009/12/08 09:37】 | 孔明 #ltEMck66 | [edit]
せっかく買い物に行かれたのに
残念なことになってしまいましたね…。

『金返せっ!』って程ではないけれど
『他の店で買えば良かったな!』と
思うことってありますが、今回の
孔明さんの買い物はまさに釈然としない
感じが伝わってきます。

それにしても、対応したスタッフも
あまりですね…。私はレ○ウンにいたこともあって
スーツの『ダ○バン』のスタッフとも同社でしたので
交流もありました。正直、スーツの方が
確立されているとは感じますが、カジュアルとはいえ
孔明さんはの対応スタッフはちょっと…(汗)

『「伊勢丹のようなサービス」ができる本』
成美文庫 国友隆一 著
(↑読むまでもないですが…)

で、成功百貨店の伊勢丹では

『お買い場の人は「バイヤーが何を仕入れようと接客とお買い場作りで売ってみせる」といい、バイヤーは「お買い場に人がいなくても売れるものを仕入れてみせる」と社内で議論している』
※伊勢丹では売り場を『お買い場』と表現している

とのこと。
そのスタッフも立っているからにはこのぐらいの意識を持って
立って欲しいなと思ったりします。
同業者として、ちょっとした願望でしょうか(笑)

今回のコメント、長くなってすいません。
次回は良い買い物が出来るように
祈っています!
【2009/12/08 04:05】 | プロ #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/208-3358c208
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)