FC2ブログ


タイトル画像

人材の確保にサバティカル休暇を検討する

2018.05.30(21:11) 2062

前回は、ヒトの衝撃で経営者やマネジャーの人手不足を書きました。前回と関連していますけど、これからは良い人材が自分の成長や価値観によって転職していくでしょう。

日本では、転職市場に良い人材は、あまりいませんでした。転職を繰り返す人にマイナスイメージがありました。そして、優秀な人ほど、一つの会社に勤め続けられる人でした。

ところが今後は、真面目で仕事ができる人ほど、転職をして仕事のやり甲斐を求めていきます。中には、個人事業主として独立して、様々な事業会社から仕事を受ける人も増えるでしょう。

しかし、そうした優秀な人を繋ぎ止めるすべを、会社が“報酬”だと考えてしまうと、うまくいかなくなります。

報酬は低過ぎると退職の原因になります。ただし、「報酬が高いから人が辞めない」とはならないでしょうね。

価値観や「やり甲斐」で動く人の心を、経営者がつかめるかどうかですね。

それから、今後は長時間労働は否定されていきます。

そして、プライベートを大切にすることも当たり前になっていきます。今でも有休を取りにくい会社はたくさんあるでしょうし、上司が残業していたら帰ることができないところもあるでしょう。

そうした会社は人が辞めていき、人が採用できなくなるでしょうね。

このプライベートに関しては、社員が勉強をするための時間を与える意味でも、積極的に与えていくべきです。

例えば「サバティカル休暇」というのがあります。上智大学に通っていた時にこういう制度があるのを知りました。上智の大学教員は、勤続年数が何年だったかは忘れましたが、長く勤めると1年間給与をもらいながら、大学を休めるという制度があるのです。

その間は自分の好きな研究をするのも良いし、何に時間を使っても良いということでした。簡単なレポートを出せば良いという条件だったと思います。

サバティカル休暇を先生方は楽しみにしておられました。なにせ1年間自由な時間が与えられるのですから。

企業が導入するのはコストとして厳しいと思われるでしょう。

しかし、長く勤めてもらってサバティカルの間に何かを学んで仕事に生かしてくれたら、それはそれで生き金になると思いますね。

身体を休める意味でも、心の癒しを持つためにも、1年はムリでも3か月くらいのサバティカル休暇を導入する企業は増えていくのではないでしょうか。




いつも応援クリックありがとうございます! クリックを励みに頑張っております!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、御連絡ください。
お待ちしています!

------------------------------------------------------------------
関連記事

世界を変える若き起業家たちへ



<<個人に光を当てる時代 | ホームへ | AIよりも、ヒトの衝撃の方がはるかに大きい >>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/2062-ded1d00b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)