FC2ブログ


タイトル画像

報告業務に対するマネジメント

2018.05.23(22:03) 2056

企業においては、報告業務がありますよね。行動日報から、売上報告、見込み客リスト、月次決算などなど。

それぞれの会社によって、独特の書式で、頻繁な報告業務があるでしょうね。

会社によっては、月曜日の会議に提出する報告書のために、前の週の金曜日をほとんど使うというところがあるのではないでしょうか。


ここはマネジメントが工夫する出番ですね!

マネジメントにとって大事なことは、第一に「成果に影響しない報告業務を辞めること」です。

もし、成果にとって意味のない事象を報告させていたら、本当に大事な情報を見落とすおそれがあります。


第二に、報告の時間間隔が的確かどうかを判断してください。

おそらくマネジメントの側は、経営にスピードをもたらすために、短い間隔で報告業務を指示しているケースが多いでしょう。

本当にその報告のタイミングが適正なのか、短すぎないかを検証すると良いです。


もし、以上のような「意味のない報告」や「報告のタイミングが短すぎる」ことをマネジメントがやっている場合は、報告する側は疲弊してきます。

そして、部下の側は、何が大切な情報なのか、何を上司に伝えるべきなのかが分からなくなってきます。また、報告が面倒なのでモチベーションが下がり、時間が取られ、本来成果を上げるための時間が無くなってくるのです。

社員には成果を上げてもらうことが、社員の仕事の目的です。報告をすることが目的ではありませんので、仕事のプロセスの手段が目的化しないようにすると良いですね!




いつも応援クリックありがとうございます! クリックを励みに頑張っております!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、御連絡ください。
お待ちしています!

------------------------------------------------------------------
関連記事

世界を変える若き起業家たちへ



<<失敗をしない者を信用してはならない | ホームへ | 学習できるスキルではない戦略性>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/2056-590d338c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)