タイトル画像

西郷さんが私利私欲の人だったら、日本は全く違っていた

2018.04.12(22:21) 2025

明治維新によって、武士階級は消滅しました。没落士族は、全国300万人といわれています。

特に薩摩藩の士族は、幕末に戦をほとんどすることがなく身分を失ったので、鬱積したものがあったようです。

西郷さんは、薩摩の若い士族によって「反政府の頭目」に祭り上げられてしまいます。

西郷さんは情が深かったので、若者を見捨てることができず立ち上がるわけですが、自らが戦で死ぬことによって、不平士族も一緒に葬ってしまい、新しい日本を作ろうとしました。

ここでも日本は、西郷隆盛さんによって救われました。


少し話がずれるかもしれませんが、私はこの話を聞いて思い出したのは、『項羽と劉邦』の韓信(かんしん)のことです。

劉邦は、項羽を倒すために韓信という将軍を得ます。そして、見事に項羽を倒すのですが、その後に劉邦は韓信を殺すのです。

”強い者A”を倒すために”強い者B”を連れてきて、Aを倒します。残ったBはいずれは脅威になるので、Bを殺してしまうという発想です。

幕府を倒すためには薩摩の軍事力は必要でした。ところが、幕府が倒れた後、新政府にとって薩摩の軍事力は脅威になっていました。また全国の不平士族が一斉に暴れ出したら、新政府もどうしようもなかったでしょう。

維新最大の功労者である西郷さんが、薩摩や他藩の不平士族とともに戦で死ぬことによって、日本に再び革命が起きるのを防いだといえるでしょう。

今の日本があるのは、西郷隆盛さんのおかげであると言えるでしょう。もし、西郷さんが私利私欲の人だったら、日本はまったく違った社会になっていたでしょうね。

天が日本を救うために使わしたのが西郷さんだったのでしょうね。




いつも応援クリックありがとうございます! クリックを励みに頑張っております!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、御連絡ください。
お待ちしています!

------------------------------------------------------------------
関連記事

古賀光昭のビジネス教室



<<今の日本に必要なのは、島津斉彬公 | ホームへ | 日本は西郷隆盛さんによって救われた>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/2025-94d4dff1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)