FC2ブログ


タイトル画像

アメリカ、超タカ派のボルトン氏の起用

2018.03.26(22:17) 2011

少し時間が経ちましたけど、アメリカのトランプ大統領は、ハーバート・マクマスター国家安全保障担当大統領補佐官を更迭し、後任には、タカ派のジョン・ボルトン氏を起用すると発表しました。

このボルトン氏というのは、とんでもない人のようで、アメリカの原爆投下は「軍事的に正しかっただけではなく、道徳的にも正しかった。」と言う人物です。また、ブッシュ政権の時に、イラク戦争がありましたけど、軍にものすごいプッシュをした人物と聞いています。

そういえば、マクマスター補佐官が更迭される前に、穏健派のティラーソン国務長官も更迭されていました。

これら一連の人事は、北朝鮮へ相当な脅威となっているはずです。

特に今回のボルトン氏が就任することによって、北朝鮮への米軍の先制攻撃は現実的な脅威になっていると思われます。

米朝首脳会談が5月に行われるということになっていますが、場所も決まっていません。韓国でするのか、それとも日本でするのか、分かりません。

今までは北朝鮮に世界が振り回されてきたような図柄でした。しかし、これからはアメリカが上から抑え込むようにして、北朝鮮に交渉してくるでしょう。米朝首脳会談が行われるとしても、北朝鮮は完全な核兵器の廃棄をしない限り、アメリカに攻撃されるのではないでしょうか。

それと、米中貿易戦争が始まっています。日本にもそれなりに悪影響が出ると予測されます。

この米中貿易戦争は、どこかで中国が折れるしかないのかなと思います。基軸通貨のドルを持ち、世界一位のGDPがあり、自由主義貿易圏のトップですからね、中国は勝てないでしょうね。

ただし、これも日本が鍵を握ることになりそうですね。




いつも応援クリックありがとうございます! 励みになっております!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、御連絡ください。
お待ちしています!

------------------------------------------------------------------

関連記事

世界を変える若き起業家たちへ



<<森友学園を悪質に利用した野党と一部マスコミ | ホームへ | 支出配分の変化を知る>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/2011-03e3a697
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)