FC2ブログ


タイトル画像

教育の無償化と社会人教育

2018.02.22(16:09) 1981

自民党改憲推進本部は、今回教育の無償化を見送った模様です。

これはこれで良かったのかなと思います。

以前、大学の奨学金の返済が大変で自己破産になったり、就職後の生活が苦しくなっていたりする話題が出ていました。

私はこれからの大学生の給付型奨学金を増やすことは良いことだと思います。

しかし、それよりも現在、「日本学生支援機構の奨学金という”教育ローン”を有利子で返している人の支援をしてあげれば良いのになぁと思います。」

今、返済をしている20代、30代の人は実際にお金を借りて自己責任だという意見もあるでしょう。

でも、彼らもいずれ家庭を持つこともあるでしょうし、日本の中心となる世代です。

その世代が暮らしやすくするということも大事な政策だと思います。

ですので、「元本を免除せよ」とまでは言いませんが、利子分の免除をしてあげてもよいのではないでしょうか。

また、教育の無償化に関してですが、勉強したくても家庭にお金がなくて行けない人には無償にするのは良いことだと思います。

しかし、みんながみんな無償で学校に行かせるのはやりすぎでしょう。払える余裕のある家庭まで教育を無償化にするのは行き過ぎでしょうね。


それと現在の大学は、仕事や生きていくことの役にあまりなっていないので、社会人が半年か1年休職して集中して学びたくなるような教育システム(株式会社が経営する人生やビジネスのスクール)があるといいですね!

それは、学校のような場所を提供する必要はなく、スマホに授業を配信し、テストやレポート、論文をインターネットを経由して送るようなものです。全国の人が自宅や外出先でも、いつでも勉強ができるシステムです。

ただし、学生には教授の研究室は解放してあげるといいでしょう。他の社会人学生と触れ合ったり、教授と直接話をすることによって受ける影響は大きなものがあるからです。




いつも応援クリックありがとうございます! 心から感謝申し上げます!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ただ今、初回の企業様限定で2時間の無料コンサルティングを受け付けています!
貴社の状況をヒアリングし、課題を整理します。そして、解決方法をアドバイスします!
ご希望の企業様は、古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、
「無料コンサルティング希望」と御連絡ください。お待ちしています!
なお、こうした無料の企画を私はめったにやりませんので(笑)、そのうちやらなくなりますから、お早目にお申し込みください。

------------------------------------------------------------------
関連記事

世界を変える若き起業家たちへ



<<暇は、「暇な波長」を出す | ホームへ | 本の紹介『日本3.0』>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1981-15478d5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)